【個人情報】時代が変われば、情報の取扱いと価値と重要性も変わる!

eye
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪ミナミに、大阪エリアの旗艦店「TSUTAYA EBISUBASHI」がリニューアルオープンしたと聞き行ってみました。
TUTAYA_EBISUBASHI








1、2階には広々としたスターバックス。
3階には、コスメ・美容のクチコミサイト「@cosme」プロデュースの実店舗「@cosme store」が関西初出店していたり。
4階で販売、5階にレンタルと、レンタルのフロアまでの道のりが遠い。
まるでショッピングモールみたいになってしまい、気軽にレンタルできなくなってしまったと少し感じました。


TUTAYAと聞いて、ふと思い出した事を。

Tポイントカードの規約が改定され、少しネットで騒がれていました。
あまりテレビなどでは取り上げられていませんでしたが。
Tポイントカードを取り扱うカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下CCC)が、「個人情報の提供方法を、「共同利用」から「第三者提供」に変更します」といった内容を、11月1日付けで改定をすると10月28日に発表したことで、それに対して、「第三者とは?」「突然過ぎる!」と興奮した一部利用者などがネット掲示板やSNSで論争していたのです。

確かに今のご時世で、「個人情報」と「第三者提供」と書かれると過敏に反応するのも理解はできると思います。
詳しく見ると表記の変更をしただけで、情報が行き交うのは以前と変わらず、CCCのグループ会社とポイントプログラム参加企業などの
81社(11/1現在)にだけのようです。
namba_top





そして、ここでいう「個人情報」というのも、いわゆる個人情報保護法で定義されるような氏名や生年月日など特定の個人を指し示すものではなく、「CCCではお客さまのご利用情報を含めた全ての情報を、個人情報として大切に管理し、お客様へのおすすめ情報やサービスなどをお届けするために利用したします」との説明がしてありました。

つまり、今までと変わらないようです。
ある意味、お騒がせなネタですね。


最近では、ベネッセの事件もあり、余計に敏感になっている所もあると思います。
私も探偵という仕事をしているので、個人情報に関しては無関心ではいられません。
知らずに情報が漏れているかもしれませんよ?
ご用心ください。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班

ガルエージェンシー本部直属の特別捜査班。 事件との対峙を主な任務とし、選ばれた精鋭が集う。 海を超える情報網とその捜査力は圧巻の一言。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。