普通じゃない!アブない!探偵が語る忘れられない相談電話とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我々がお受けする相談電話、浮気調査や行方調査だけと思われるかもしれませんが、そういうものばかりではありません。中には「んっ?」という相談電話があります。そのいくつかをご紹介しますと、

①Aさん(夫)の場合(実は長いやり取りがありましたが、要約)

Aさん「妻が浮気しています。相手は分かっています。ただ、浮気している映像を撮って欲しいんです」

「相手の男性に慰謝料請求などを行うつもりですか?」

Aさん「離婚したり、相手に慰謝料を請求したり、二人を別れさせたりするつもりはまったくありません。妻とその男はラブホテルなどには行かず、カーセックスしていることがわかっています。何とかその映像を撮ってください」

「カーセックスの映像を撮るだけでいいということですか?」

Aさん「はい! 何とか妻のカーセックスのシーンを撮って欲しいんです! 撮ってもらったら、その動画はもらえますよね?」

…これっていわゆる「NTR(寝取られ)」願望の夫!?

②Bさん(男性)の場合

Bさん「ある人物を撮影して欲しいんですが、可能でしょうか?」

「どういったお話でしょうか?」

Bさん「大学時代の体育の先生を撮影して欲しいんです」

「それは、女の先生ですか?」

Bさん「いえ、男の先生です。授業中はジャージですので、股間のアップを中心に撮影して欲しいんですが」

結局、この方々の依頼を受けることはありませんでした。どちらも我々が撮影のプロだと見越して依頼されたようでしたので、探偵が世間に撮影技術の高さを認知されているのはいいことなんでしょうが…。

できれば、“普通”のご依頼をお待ちしています!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班

ガルエージェンシー本部直属の特別捜査班。 事件との対峙を主な任務とし、選ばれた精鋭が集う。 海を超える情報網とその捜査力は圧巻の一言。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。