失敗、依存症、メンテナンス・・・知っておくべき「美容整形の裏側」!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分の外見に自信が無い」「見た目の良い人が羨ましい」・・・
そんな感情を持った事がある人は多いでしょう。

そういうアナタのコンプレックス解消の一助になってくれるのが『美容整形』。手術時にお金はかかるけれど、コンプレックス無く楽しい毎日を送れるのなら。自分の外見に悩み過ぎて精神疾患などになる位なら美容整形を受けるのも一つの手段でしょう。


調査によると「美容整形したい部分」は、一位が「目」、二位が「皮膚のシミやアザ」、三位が「鼻」。
ただ、そんな便利な美容整形も大きなリスクが隠れている事を知っておきましょう。まず、美容整形とは全ての人が受けられる手術ではありません。骨格や薬剤への耐性など様々な個人的に合わない手術があり、薬品を注入した際に化膿や炎症を起こしたり、無理に顎等の骨格を削れば将来歯が全部抜け落ちたり表情を作れないなど、一生残る問題を抱えてしまいかねません。

精神的な問題も。
精神科医によれば美容整形手術はリストカットなど「自傷行為」の部類に入り、適切なメンタルケアをしなければ精神疾患の症状は重くなり、手術を止められなくなったり重度の精神疾患にかかってしまいます。美しいのは素晴らしいコトですが、心が健康で美しい状態でなければいくら見た目がよくても無意味な気がします。

手術後にも問題は発生します。01美容整形手術は手術内容や個人の金銭価値観で変わりますが、大抵の人にとって決して安くない費用がかかります。しかし手術費用だけでなく、その後の手術部位にかかるメンテナンス費用も馬鹿になりません。人間の体は自然のものですが、手術は人工的なもので同じ様に成長していかない為、術後に不具合が出るケースも多発。

上記の様に身体的問題だけでなく精神的治療が必要なケースもあるので費用は手術費用以上に考えておかなければなりません。また、手術した個人だけでなく一般的に広がりすぎると社会的な問題も。

「美容整形大国」と呼ばれる韓国では「整形しなければ結婚や就職もできない」「ソウルに住むには美人で無ければならない」といわれています。就職前には美容整形病院が大繁盛し、親が娘に卒業祝いとして手術費用をプレゼントしたり、売春をしてまで整形費用を稼ぐ女性が多く存在します。コレは決して健全な社会のあり方とは云えませんし、女性の人権問題もあるのです。

様々なリスクがある美容整形。本当に気軽に受けていいものでしょうか。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー吉祥寺(0120-25-3336)

東京生まれの東京育ち。23区内から都下の隅々まで熟知し、土地勘がものを言う尾行には絶対の自信を持つ。浮気調査は特に依頼者から絶大な信頼を得ており、リピーターや弁護士からの紹介案件も多い。10年以上ノークレームの探偵。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。