宮城の新観光スポット「仙台うみの杜水族館」がオープン!松島から生き物の大移動?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本三景・松島の「マリンピア松島水族館」は子どもから大人まで多くの観光客に親しまれた水族館でしたが、東日本大震災の津波被害を乗り越えたものの、施設の老朽化には勝てず、今年5月10日に88年の歴史に幕を下ろしました。
その生き物たちの新天地はと言うと、「仙台うみの杜(もり)水族館」です。松島水族館にくらす生きもののほとんどを引き継いでいるようです。

というわけで7月1日にグランドオープンした、仙台うみの杜水族館に行って参りました!
住所:仙台市宮城野区中野4丁目6番地

仙台うみの杜(もり)水族館

場所は、宮城野区の仙台港エリアで、付近にはアウトレットパークなどがあります。カラフルな魚はもちろん!八景島シーパラダイス出身のバンドウイルカと、マリンピア松島水族館出身のカリフォルニアアシカがパフォーマンスを繰り広げるプールや棒立ちのペンギンさん(笑)も間近に見られます。

イルカとアシカのパフォーマンス

この水族館には300種類5万に及ぶ生き物が展示されています。
「仙台うみの杜水族館」

「仙台うみの杜水族館」

そして、何より感動したのは、三陸の海を再現したという、水量990トンの巨大水槽!その名も「いのちきらめくうみ」

「いのちきらめく うみ Sparkling of Life」

マイワシの群れが表現する神秘的なイリュージョンに感動しました。

 

東日本大震災直後から、仙台・宮城の観光客数は大きく落ち込みました。
最近になり観光客も震災以前の水準に回復しつつあると報道はありましたが東北最大級のスタジアムなどを備えたこの水族館が、東北復興の象徴として新たな観光スポットになってくれることを願います。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー仙台第一(0120-007-085)

1996年にガルエージェンシー仙台第一を開設。東北・北海道ブロックで最も歴史のある拠点としてけん引役を務めてきた。元カーレーサー。探偵業の傍らミュージシャンとしてライブ活動も行っている。現場第一主義で常に満足度の高い調査を目指し、日夜奮闘する。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。