仙台郊外の廃屋から恨みにまみれた怪文書が!『私は○○に殺された』その理由は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仙台市郊外に「私は○○に殺された」との張り紙が貼られている、謎の廃屋があるとの情報を耳にした。そういうわけで実際に行ってみた。

場所は大倉ダム近くで、 こちらが噂の廃屋。
01
「うわぁ・・・草ぼうぼうじゃないか。建物も車もそのうち朽ちて土に還りそうな勢いだな。」

何年放置されているのだろうか。
02

廃屋の正面に回ると、噂の張り紙が・・・
「私は行政に翻弄され殺されました」と書かれていた。
03

更に別の張り紙が・・・
04

「大うそつき!!大倉ダム・・・・江戸時代より長きにわたりありがとうございました!店主」と書いてある。
民家ではなく昔は何かのお店だったのだろうか?

また別の張り紙が・・・05

廃屋の横に回ると「たこ焼」の看板のついた店舗らしき建物が隣接していた。
06

ここにも張り紙が・・・

07

よほど恨みがあるのだろう・・・
張り紙の内容をまとめると、こちらのお店で商売をしていたが、この廃屋の真横にある「大倉ダム」の工事関係で2年間に及ぶ通行止があり、お客が来なくなり廃業を余儀なくされた・・・

看板表示には「名代定義名物 ところてん 創業300年 天狗茶屋」と表記されている。

09

聞き込みの結果、こちらで店主をされていた方を判明(イニシャルJ.Hさん)した。しかし今、どこに住んでいるのかは知らないとのこと。

11

真相は謎に包まれている・・・

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー仙台宮城野(0120-673-007)

接客業で約5年間代表者として経営手腕を発揮した後、昔から憧れていた探偵に。前職で培った土地勘と人の深層心理を見抜く能力には絶対の自信をもつ。機動力と軽いフットワークを駆使した調査には定評あり。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。