迷走中の板野友美にさらなるマスコミからの追い打ち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AKB48時代は神7の一人として知られ、美容整形業界では『なりたい顔№1』とまで言われた板野友美の凋落ぶりが止まらない。

01
話題なることといえば、真偽の程は兎も角として整形疑惑や豊胸疑惑ばかり……。
そんな世間の声とは裏腹にアーティスト路線を進み続けるも、新曲を出すたびに肝心の歌唱力を疑問視する声が飛び交ってしまうという負の連鎖が続いている。

そんな中、情報番組『はやドキ!』に新曲「Gimme Gimme Luv」のプロモーションで出演した際、占いタレント島田秀平が曲のタイトルにちなんで「この曲のように板野さんも恋を?」と振ったところ、画面に映っていないスタッフに「ねえ、この曲名、どういう意味?」と確認する失態を演じてしまったのだ。

「正直、日本の歌姫と呼ばれるアーティストには板野以外にも歌唱力が低い人も多いですが、自分が歌う曲の意味を知らないのはさすがにマズいですね。話を振った方も当然そのぐらいの質問の答えは用意してあると思っていたでしょう。アイドルなら『天然』のひと言で済むかもしれませんが、仮にもアーティストとして活動してるなら、音程とか以前の問題です」(業界関係者)

曲のタイトルにちなんだ質問は定番であり、島田に限らずその場にいた全員がまさか意味も知らずに歌ってるとは想像もしてなかっただろう。
新曲のプロモーションでアーティストとしての意識の低さどころか、タレントとしてのスキルの低さまで露呈してしまったのだ。

しかも、さらに追い打ちをかけるような状態が続いているとか。
「イベントなどに集まるマスコミの数が激減してますね。全盛期は板野友美がいるというだけで相当集まっていましたが、最近は減る一方です。所属事務所が大手なのが唯一の救いでしょうね」
アイドルとしては全盛期を過ぎ、アーティストと呼ぶにもどことなく抵抗があるという中途半端さが原因か、マスコミもフェードアウト気味になってきたようだ。
迷走から抜け出し、再びシーンの真ん中に戻るためには大幅な路線変更しかない?

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@芸能部

ゴシップからインタビューまで!芸能界に愛を込めて。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。