ミッションインポッシブル?ハプニングバーのスタッフとの浮気の証拠を掴めるのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「主人の浮気相手の女性…実はその、ハプニングバー(※注)のスタッフなんです」

※注 性的にいろいろな趣味を持った男女が集まり、客同士で突発的行為を楽しむバーの体裁をとった日本の風俗。「ハプバー」などと略される。

今回の依頼内容はこうだ。

依頼者である奥さんが旦那さんの浮気を疑い、旦那さんの携帯メールを確認したところ、相手はハプバーのスタッフらしいというのだ。

確かにホームページのスタッフ紹介を見ると、メールの文中に登場する女性のニックネームと一致している。

2人の出会いの場がハプバーと聞いて、店内での行為自体は果たして浮気になるのか? そもそも視認はできるだろうが撮影は? など、さまざまな疑問と同時に調査自体が非常に困難になることは予想できた。

さて、いよいよ調査実行日。旦那さんの車両を自宅から尾行する。ハプバーがある最寄駅のコインパーキングに駐車し、店内へ入っていく姿を撮影。

ここまでは完璧な流れだ。さてここからだ。店内への潜入は、今回は見送ることに決めていた。尾行の大原則はバレたら終わりだから、慎重に事を進めたかったのだ。

すると、思ったより早く小一時間ほどで旦那さんは店から出てくる。コインパーキングに移動してタバコを吸っている。

我々は対象者を監視するチームと、ハプバーを監視するチームの二手に分かれていた。そこに店の監視チームから「浮気相手が出てくる」との情報が。

落ち合った2人は車両に乗る。こちらも尾行準備を整えるが、なかなかコインパーキングから出ない。まさか…。

予感は的中! 車両の中で抱き合う2人。対象車両のミニバンの後部座席に車内移動し、くんずほぐれつ絡み合っている。

店内でも満足できず、さらなる刺激を求めて外での行為に及んだのかもしれないが、一時はどうなることかと思われたミッションが無事遂行できたのでよしとしよう。

※ この物語は、実際にあった状況をもとに書き下ろしたフィクションです。

ガルエージェンシー立川

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー立川(0120-786-864)

金融業界に10年間在籍していた知識と経験を活かし、2002年にガル西多摩を開設。開業以来現在までノークレームの確かな実績、多摩地区在住20年の代表の土地勘と幅広いネットワークが強みである。特に浮気・素行・行方調査には絶対の自信をもつ。2015年より支社名称をガルエージェンシー立川とする。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。