ホストからの盗聴発見調査依頼。指定されたマンションに向かうと…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夜中の2時過ぎに電話が鳴りました。夜中の電話は珍しくありません。
そして、夜中の電話はなぜか非通知が多いのです。

電話








電話の主は若い男性でした。

男性「※●△×※〇×※!!!!!!」

酔っぱらっているのか、錯乱しているのか、叫び散らしている声が聞こえてきました。

私「どうしましたか?落ち着いてください。」
男性「いいから早く来いよ!!!!」
私「とにかく落ち着いて、話しを聞かせてください。」

支離滅裂な会話を続ける男性に対し、とにかく落ち着いて話しを聞かせてほしいとお願いしましたが、男性の気は静まる気配がありません。繰り返し同じようなやり取りを続けること数分、突然若い女性に電話が変わりました。

女性「もしもし・・・・」
私「どうしましたか?」

女性の話しを要約すると、突然酔っ払って帰ってきたホストの彼氏が、この家に盗聴器が仕掛けられてると言い出して暴れだしたので、すぐに来て調べてほしいという事でした。30分で向かいますと言い電話を切りました。

着いたのは、新宿歌舞伎町のワンルームマンション。

歌舞伎町









指定された部屋のインターホンを押しましたが誰も出てきません。
もう一度押しました。誰も出てきません。

もう一度・・・・・・・。
この辺で薄らわかっていましたが、念のためもう一度押しました。
誰も出てきません・・・・・、物音ひとつしません。

ピンポンダッシュとかのレベルじゃないです。手の込んだ芝居に感動すら覚えましたね。ストーリーを2人で考えている様子を想像すると微笑ましく思えます。

index2









その日の歌舞伎町の朝日は格別でした・・・・・。


ガルエージェンシー五反田

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー五反田(0120-274-200)

東京都大田区の支社。地の利と人脈、経験を活かした調査を得意とする。熱い信念と情熱を持って「お客様第一主義」を貫いている。士業関係者との連携も万全のため、アフターフォローにも定評あり。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。