振り込め詐欺被害防止に効果あり!?杉並区が開発した最新機器を取材した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

振り込め詐欺を含む特殊詐欺被害が減らないこのご時世…東京都の平成26年の被害は認知件数2,311件、被害額約80億127万円でした。

そこで紹介したいのがこの商品。杉並区と岩崎通信機が共同開発した、振り込め詐欺被害防止機器「ペアレントガードナー」。先日テレビでも取り上げられていました。

早速、杉並区と岩崎通信機に取材しました!

ペアレントガードナーは自宅の固定電話に設置して、振り込め詐欺によく使用される騙しの言葉を検知する機器。杉並区及び区内三警察署(杉並・高井戸・荻窪警察署)の協力を得て、検知するキーワードは現段階で約300登録されています。

例:「俺だけど」「風邪を引いて声がおかしい」「カバンを電車の網棚に置き忘れた」など

 yjimageY75EVG8Zyjimage9

 





(イメージ画像)

そして、怪しいキーワードを含んだ電話を察知した段階で、親族3名までにメールが送信されます。

20150731164731













(イメージ画像)

まだモニター段階なので多少変更する余地があるようですが、料金は11万円くらいなるのではということです。モニター結果を活用して、1日も早くこういったハイテク機械が全国に広まり、被害が減少して欲しいですね!

尚、ペアレントガードナーがついていない固定電話でも、被害に遭わないための有効な方法はあります。

まずは、身内・知り合いの方の電話番号を登録しておきましょう。常時、留守番電話に設定しておき、電話がかかってきても取りあえず留守番電話で受けます。身内の方とは合言葉を決め、相手が確認できたら受話器を取ること。

振り込め詐欺をはじめとする特殊詐欺は、必ず電話から始まります。被害を防ぐには、まずは事前の備えを万全に!

ガルエージェンシー東京中野

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー東京中野(0120-605-789)

1997年開業。前職は警視庁警察官。テレビ・ラジオのレギュラー、ドラマ制作協力など多数出演、著書に『親子でまなぶ子ども防犯ガイド』など。いじめ問題・悪質化するストーカー調査では知人弁護士・警察とタッグを組み多くの案件を解決する。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。