探偵直伝!猛暑を乗り切るドライバーの熱中症対策とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

張り込みや尾行など、探偵にとって車は必需品。そこで今回は、探偵おすすめ!ドライバーの熱中症対策をご紹介したいと思います。

同じような姿勢で長時間運転すると、ドライバーは緊張とストレスで、知らず知らずのうちに熱中症が危険なまでに進行することがあります。
meguro100

尚、熱中症の症状には下記のようなものがあります。

①めまい、失神(立ちくらみ)、筋肉痛、筋肉の硬直(こむら返りなど)、大量の発汗
②頭痛、嘔吐、吐き気、虚脱感(体がぐったりする、力が入らないなど)
③意識障害、けいれん、手足の運動障害、高体温(体に触ると熱いという感触あり)

では、ドライバーはどのような熱中症対策をすればいいのでしょうか?

基本的には、1〜2時間に1度は休憩して100〜200ミリリットルくらいの水分を補給すること。できれば休憩時に軽い運動をして、車に乗る前にはドアを開けて換気、車内の温度を下げるなどの工夫をしましょう。
meguro101

また、最近では遮熱する透明なカーフィルムもあるので、そういった商品を使うのも一考かも知れません。

まだまだ、猛暑が続きそうな今年の夏。ドライバーの皆さまにはドライバー熱中症に気をつけて快適なカーライフをおすごしいただければ幸いです。
meguro102

最後に、子ども連れのドライバーは少しの間でも車内に子どもを残して置かないようにくれぐれもご注意下さい。

直射日光の車内は驚くほどの早さで温度が上がり、短時間放置しただけで熱中症や事故につながりかねないケースも多々あります。

ガルエージェンシー目黒

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー目黒(0120-444-932)

JR目黒駅から徒歩10秒の支社。幅広い人脈を活かした情報収集、最新技術を駆使した映像、人生経験豊富なスタッフによる万全のカウンセリングで依頼者からの信頼は厚い。1番得意とする浮気調査は、調査後のアフターケアも万全。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。