浮気がバレて離婚へ!夫は本当に慰謝料を払わないといけないのか?

浮気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「妻の浮気調査をお願いします」
夫からの依頼だった。話を聞くと、依頼者の浮気がバレて現在は別居中。

妻は離婚届にサインをして、実家に帰ると言って出て行った。
依頼者(夫)は離婚をして慰謝料も払うつもりだったが、妻が実家にいないことを知り疑問を抱いた。どこにいるんだろう……と。


そんな時に、依頼者は自宅で一枚のプリクラを見つけた。
そこに写っていたのは妻と見知らぬ男だった。
「まさか、妻も浮気してるのでは……?」
それが調査のキッカケとなった。

02

妻は以前よりレストランでパート勤務をしていた。
勤務後の尾行をすれば住んでいる場所も特定できる。
私はレストランの監視を始めた。

03

閉店時間となり、他の従業員は帰っていったが妻は店から出てこない。
店内には店主と思われる男性(60代)と妻の姿が確認できた。

しばらくすると店の電気が消えた。
しかし、妻は出て来ない……。
そのレストランは1階が店舗で2階が住居といったつくりだった。
様子を見ていると2階の明かりが付いた。
妻と男性(60代)は2階にいるようだった。

妻は31歳。
この店主とは歳も離れ過ぎている……。
まさかね……。
依頼者から見せてもらったプリクラに写る男は妻と同年代だったからだ。

監視を続けると、今度はそこへ1人の男性が帰宅した。
プリクラの男だ!
プリクラの男は店主の息子であった。
そして妻はここで一緒に生活を共にしていた。

調査内容を依頼者に報告すると、ガッツポーズをして喜んでいた。
「これで慰謝料を払わなくて済む!」

04

未練は全く無い様子だった。
依頼者もすでに交際している女性がいるからであろう。
離婚前にお互いの生活は充実していた。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班

ガルエージェンシー本部直属の特別捜査班。 事件との対峙を主な任務とし、選ばれた精鋭が集う。 海を超える情報網とその捜査力は圧巻の一言。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。