【速報】高齢者が突然人間凶器に!逃走の果てに起こった大惨事!その事故現場を直撃!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏祭りに出かける浴衣姿の女性が街に彩りを添える日曜日の夕方、平和な町に衝撃が走った!!現場近くの知人より一報が入り、直ちに駆けつけて状況を聞き込む。総括すると次の通り。


コンビニエンスストアで買い物を終えた白髪の男性が同店駐車場にて周囲に泊まっていた小型車に突っ込み、逃走を図る。

被害車両。運転手はまだ自分に降りかかった不幸に気付いてもいない。

 

衝撃で斜めに向いてしまったようだ。

しかし、逃走途中で柱に衝突して車体の一部が脱落したりしながらも更に逃走を図る。

逃走途中で落とした灯火器具

 

そして。。。。

第二の事故直後

あれまあ。。。。。。。

遂に交差点脇の民家に突っ込んでしまった。
ここは見通しの良い交差点。他の車と接触等もない。どこをどう間違えたらここに突っ込んでしまうのだ?

歩道に突っ込み、金属製ベンチと金属製ポールをなぎ倒して更にコンクリートブロックを壊して民家の敷地内に突っ込んでいる。ベンチがあったのは、ここはその昔鉄道が通っており、ちょっとした記念広場のようになっているのだ。それにしてもコンビニ前の歩道、更には憩いの広場に突っ込んでよくも人に危害を加えなかったものだ。それだけが救いだ。

広く見通しの良い交差点。

 
通報を受けた警察官が少しずつ集まってきた。

4

その後、車を当て逃げされた被害者が戻ってきたが、何が起こったか理解できないまま人だかりに吸い寄せられていく。

慌てて駆け寄る被害車両のドライバー

 逃走車両は金属製ポールやブロックをものともせず完全に敷地にIN。

動けなくなった暴走車両

車両をよく見てみると……んん??何かが生垣の上に被さっている?

 

この板は何だ?

 

この板は何だ?

 

なんと、被さっていたのはボンネット! フロントガラスも割れていた。

自転車が下敷きに!

 

この自転車にもしも子供が乗っていたら。。。考えただけでもぞっとする。

電話で会話をしている男性運転者。

運転していた白髪の男性は家族とでも話をしているのだろうか?

大型のユニック搭載車

大きめのユニック搭載レッカーが到着したのは暗くなってから。

近年は高齢運転者の自動車専用道路逆走事案やアクセルとブレーキの踏み間違いで店舗に突っ込む等故意ではない事故も多発。本人に自覚がないのだからその車は既に大勢の人の命を奪いかねない凶器と化している。

我が国日本は平和な国ではあるが、歩行者もドライバーも、いつ何時何が起こるかわからないことを常に自覚し、いついかなる時も危険から身を守れるように360度周囲の警戒と備えを怠ってはいけないのではないか。


ガルエージェンシー東京西部

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー東京西部(0120-78-4143)

M大付属中ラグビー部→少年自衛官→様々な職を経験後会社設立→新宿歌舞伎町の飲食店経営やタイ王国での会社経営等を経て、26歳で探偵に。様々な経験と豊富な世界中のコネクションを生かし、国内はもとより国境を越える依頼も数多くこなす国際派探偵。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。