恐怖!個人情報ダダ漏れでDVストーカー男から逃れられない!!

top
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日のつづき。

消防士長は、Aさんを新居の前で待ち伏せて、

「お前が富田林におる限り、どこへ行ってもわかるんや」

と言ったという。

なんと、富田林市では、新たに市内へ転居してきた世帯(住民票の移動)のリストを毎月まとめて富田林消防署へ送っていた。つまり、住民基本台帳のデータが本人の承諾なしに消防署へ流されていたのである!

消防士長は市役所から送られてきたデータを見れる立場にあった。そのリストを見て、Aさんの転居先を見つけたのである。これは個人情報漏洩になるのではないか? 条例や規則で許されているとでもいうのか? 富田林市へ問い合せてみたが、コメントはない。

Aさんは恐怖のあまり警察に相談。しかし、男女間のトラブルと片付けられ、警察はなにもしてくれなかった。

01
消防署では、119番の受信などを担当していた

02

今回の懲戒処分となった不祥事でも、消防士長がAさんを呼び出した理由は、「実は俺は結婚してたんや。お前と交際してたことが、その女にばれて大変なことになってる」からだった。

Aさんは消防士長と同棲していたが、もちろん彼が結婚していたことを知るはずもない。さらに、消防署の同僚も誰ひとりとして、知らなかったという。

また、Aさんが呼び出されたのは午後5時過ぎ。その後車の中で延々と2人で話し、話し終えたのは午前9時だった。つまり、市の発表では5時間となっているが、実際は15時間にわたり、 消防士長は職場放棄したのだ。しかも、最初はこの事実を消防署は見て見ぬふりをした。当時は何のお咎めもなかったというから驚きである。

この消防士長の悪行はこれに留まらない。今後、彼への追跡取材を進めて、全容を明らかにしなければならないと考えている。

03
消防士長の車はトヨタのハリアーである。しかし、何故か「レクサス」のエンブレムが・・・これも偽装???

04
勤務後に真剣な表情でパチンコする姿

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー奈良橿原(0120-783-056)

刑事警察において組織犯罪や特殊知能犯罪を担当し、1999年にガル奈良橿原、2013年に新ガル奈良中央を開設。これまでに刑事、民事事件を多数解決する。卓越した調査力、誠実で丁寧な相談が好評を得ている。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。