ナレーターグラドルが勇気を出してTバックに挑戦!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『声は聞いたことあるけど、顔は知らない』なんてことが多いのが、ナレーターという職業だろう。
ある意味、陰で番組を支える裏方の仕事ともいえるが、ナレーターをやりながら表ではグラドルとしても活躍しているのが如月さやチャンだ!

01

職業柄か、グラドルにしては落ち着いた雰囲気が漂い声も優しく聞きやすい。

02

そんな彼女が「今までFカップで胸押しだったんですけど、いつの間にかお尻も多くて、今回お尻を楽しんでもらえる一枚」と語るのが、3枚目となるDVD『ひとりだけの彼女』である。

03

彼氏とお忍びで旅行に行き、行った先々でさやチャンがダイタンに……。
という設定で進んでいく今回の作品は、初めてのお尻押しに挑戦!

04

「お尻は『一番いいよ』って言われる機会も多くて、客観的には胸よりお尻の方がいいのかなって思って来ました」

05

「Tバックは、あんまり穿かないんで……持ってるけど、ほぼ普通のパンツしか穿かないんで、ちょっと勇気がいりました」

彼女の雰囲気にピッタリな和のテイストを活かした露天風呂などのシーンに、Fカップを支えるには頼りない眼帯水着やTバック!
普段、あまり表に出ない職業だけに、その柔らかそうな白い肌を少しずつ晒しながらのセクシーショット連発は貴重である。

と、思いきや、、、

06

「今年はいろんなことに挑戦して、お芝居だったり歌だったり新しいことで皆さんの前に出る機会もあると思うので、よろしくお願いします」というで、嬉しいことに今後はお目にかかる機会も増えそうだ!

ちなみに、タイトルにちなんでプライベートの恋愛事情を聞くと、「ダメなところはダメって言う人が好きだったんですけど、今は優しい人がいいです。何でも美味しいって食べてくれて、話とかも聞いてくれる人。一年ぐらいでいろいろ変わりました」と最近は好みのタイプが変わってきたと言う彼女。

「リアルに3年ぐらいいなくて、そろそろ焦ってきました。ホントに焦ってる」

07

“ひとりだけの彼女”になる日は、ちょっぴり先になりそう?



芸能探偵

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@芸能部

ゴシップからインタビューまで!芸能界に愛を込めて。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。