さっぱりヘルシー♪夏にぴったりのベトナム料理フォー。食べるときのマナーをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォー(phở)はベトナムを代表する伝統的な麺料理です。
麺にはお米を使用しており、色は白みがかった平たいストレートタイプ。
味は癖がなくてつるつるした食感です。
DSC_0219







ベトナムはかつてフランスの植民地でした。
そのせいかフォーの語源もフランス語のfeu(ポトフpot-au-feu のフー)から来たのでは?との説があります。そこで、ベトナム・ホーチミンにある『フォー・24』という“フォー”専門店に行ってきました。 

DSC_0133

“フォー”は大きく分けて2種類あります。

『フォー・ボー』(牛骨ベースのスープで、牛肉が入っている)
『フォー・ガー』(鶏がらベースのスープで、鶏肉が入っている)

※“ボー”は牛、“ガー”は鶏を意味する。
要は、牛と鶏、二種類あるということですね。また、麺が少々特徴的で、平たい米粉麺です。
 DSC_0135 DSC_0218

ここで、ベトナム料理『フォー』を食べるときのマナーをご紹介!

音をたててスープを飲まない
音をたててスープを飲んだり、ラーメンのように麺をすすって食べたりするのはマナー違反だと言われています。スープを飲むときは、スプーンを使って静かに飲みましょう。器に口を付けて飲んではいけません。

マナー違反をしたからといって店員に注意される事はありません。まぁ「それが一般的」という程度。お箸やスプーンは拭いてから使用するこれはフォーに限ったことではないのですが、ベトナムでは、お箸など、卓上にある紙で拭いてから使用するのが通常だそうです。なので、だいたいどこのレストランや屋台に行っても、テーブルの上にティッシュが置かれています。これはマナーというより、単に衛生的なことなんだと思います。実際、汚れていることも間々あるので、実践したほうが良いと思います。

DSC_0134

 
ガルエージェンシー姫路

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー姫路(0120-258-626)

2000年にガル姫路、06年にガル加古川を設立。西兵庫を中心に地域密着型の調査を行ってきた。経験豊かなスタッフによるカウンセリングとフットワークの軽さには定評あり。男女間の問題解決を得意とする。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。