お徳情報!9月6日は美味しいさんまが無料で食べれちゃうかも!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目黒駅前商店街振興組合青年部が平成8年から駅前に昔ながらの暖かさを呼び戻すため始まった「目黒さんま祭り」は「さんまは目黒にかぎる」でおなじみの江戸落語「目黒の秋刀魚」にちなんだもの。

さんま5

簡単に説明すると江戸時代、当時のお殿様が目黒不動参詣に向け出かけ、目黒(その頃江戸の郊外)に着いたのが昼近く。その時、近くの農家から秋刀魚を焼くいい匂いが漂っており思わず家来が「秋刀魚で一膳茶漬けを食べたい」と言ったのを聞きつけたお殿様が「自分もぜひ秋刀魚というものを食べてみたい」と家来に所望した。困った家来は「秋刀魚とは下魚でございますので、お殿様のお口にあうような魚ではございません」と言ったものの、お殿様の言いつけは絶対。

農家に頼み秋刀魚を譲ってもらい、お殿様は初めて秋刀魚を食べ忘れられない味になってしまった。

さんま4

お殿様が屋敷に帰っても秋刀魚のような下魚は一度も膳に上がる事がなかったがある日親戚呼ばれ出かけた際、「食べたい料理はありますか」と尋ねられ、お殿様はすかさず「秋刀魚」を注文した。

親戚は驚いて日本橋魚河岸から最上級の秋刀魚を取り寄せた。こんな脂が多い物を差し上げてお殿様のお身体に何かあっては一大事と、十分に蒸したうえに小骨を丁寧に抜き、だしがらの様になった秋刀魚を出した。

これを見たお殿様は「何だこの秋刀魚は、間違いではないのか?たしか、もっと黒く焦げておったはずじゃが、」当然脂が抜けぱさぱさの秋刀魚がおいしいはずがない。

「この秋刀魚、どこから取り寄せたのじゃ。」とお殿様。
親戚は「日本橋魚河岸にございます。」
「それはいかん、やはり秋刀魚は目黒に限る。」と言う落ちである。

さんま1

いろいろなイベントに参加する際、始まったきっかけを調べて行くとより楽しい物になるのではないでしょうか。

 

9月6日(日)午前10時~午後2時の予定
イベント会場(目黒駅前商店街・「目黒駅」東口)にて行われる予定である。
沢山の人が来て目黒を盛り上げてほしい。
私たち探偵もこっそり見物したいと思っております。


ガルエージェンシー目黒

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー目黒(0120-444-932)

JR目黒駅から徒歩10秒の支社。幅広い人脈を活かした情報収集、最新技術を駆使した映像、人生経験豊富なスタッフによる万全のカウンセリングで依頼者からの信頼は厚い。1番得意とする浮気調査は、調査後のアフターケアも万全。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。