鹿児島県の桜島、噴火警戒レベル3からレベル4の「避難準備」に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

警戒レベル4!!

火山大国日本、箱根山での入山規制等、まだ記憶に新しいですが、 日本屈指の活火山、「桜島」。

毎日のように噴火、噴煙を上げていますが、15日、桜島では重大な影響を及ぼす噴火が切迫していると考えられ、厳重な警戒が必要とし、噴火警戒レベルが3から“4”に引き上げらました。

噴火警戒レベル(気象庁が発表する指標)
レベル1=活火山であることに留意
レベル2=火口周辺規制
レベル3=入山規制
レベル4=避難準備
レベル5=避難

レベル4=避難準備
火山活動の状況…居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が発生すると予想される。(可能性が高まっている。)
住民等の行動…警戒が必要な居住地域での避難の準備、災害時要援護者の避難等が必要。(状況に応じて対象地域を判断)

*気象庁HPより引用

 

桜島でレベル4が発表されたのは、平成19年に導入以来、初めてとの事。
早速、鹿児島在住の知人に連絡現地の状況を聞いてみました。
(筆者は鹿児島県出身)

<桜島から約20Km離れた地域>
・朝から携帯のエリアメール(地震速報メールなどが送られてくるあれです。避難指示以外にも土砂崩れ情報等も送られてきます)が鳴り、何事かと思うと避難指示が送られてきた。

・桜島に住んでいる人は避難準備してるみたいだけど、噴火はまぁいつもの事だし、風向きが反対だから火山灰はこっちには降らんよぉ。だけどこの間の大雨での土砂崩れや、台風もあり心配だから避難袋はいつも用意してあるけどね。

地元の人はあんまり心配してないようですが、自然災害はいつ何が起きるかわかりません。筆者が思うところは、地元の人達は長年、噴火と共に生活して噴火に慣れているので、大噴火の時の対応が心配です。何も無ければ良いのですが。

桜島

 

ガルエージェンシー池袋駅前

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー池袋駅前(0120-783-756)

ガルグループ内の調査部長等を経て09年にガル池袋駅前の代表に。現場の最前線で得た経験を駆使して調査を指揮。「我々には日常の調査も依頼者様には一生に一度の御依頼」がモットー。新たにガル新宿南とガル探偵学校新宿校の代表も務めている。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。