客の迷惑行為が発覚した企業、営業担当者がブチギレ!暴言を連発して炎上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

店内で迷惑行為に及んだ女性がブログで自慢しているとの情報が、読者から寄せられた。

騒動の発端は、2015年8月7日のブログの更新内容である。神戸紅茶・御影店で紅茶に付いてきたティーコージー(ティーポットの保温カバー)を頭にかぶり、ポーズをとっている画像をブログに掲載した。「お店の方の承諾をえております」とブログには書かれていたが、不衛生な行為であるとのことで非難の声が続出。もし店が当該の行為を本当に認めていたのだとすれば、それも問題ではないかと物議を醸した。

 

01

 

すると、店はTwitterで反論した。店としては、そのような行為は了承していないという。「当店はこの件に関し、一切関与しておらず、こちらも驚いている次第でございます」、「このようなお客様には断固たる姿勢で望ませていただきます」。同様の趣旨の内容が神戸紅茶のHPにも掲載されたが、短期間のうちに削除された。そのため、削除の理由に関して様々な憶測が飛び交った。

 

02

 

当サイトが読者から連絡を受けた時点で、HPの掲載内容は既に削除済みだったが、Googleのキャッシュを調べてみると、実際に掲載されていたことを確認できた。一方、Twitterでは本件を問題視する人々が情報の拡散を試みた。それに対して、神戸紅茶の営業担当者がTwitterで異論を唱えるという事態に発展した。

情報の拡散を試みた人物に対し、「もしかしたら、ペヤングのように、会社の存続を占うものにしたいのでしょうか?」、「こんなことでごちゃごちゃ言われるんでしたら日本の中小企業はたまったもんじゃないですね」と罵倒。「この24時間の気持ちを一文字で表すと、怒?」、「拡散希望ってどうしてですか?神戸紅茶を潰したいのでしょうか?」。営業担当者は、同社に批判的な意見等をリツイートして晒すという行為にも及んでいた。

 

03

 

04

 

当サイトでは、神戸紅茶株式会社に連絡を取った。だが、お盆休みで連絡がつかなかったため、17日に再度電話をかけた。客のブログや営業担当者のツイートに関しては、把握しているそうだ。HPの掲載内容を削除した理由を尋ねたところ、本件を担当した社員が休暇中のため不在であり、詳細は分からないという。なお、一連の騒動に関しては既に解決済みであると、同社としては認識しているとのことだった。

 

 

その他の証拠画像

 

05

 

06

 

07

 

08

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

高橋

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。