茨城県で超軽量飛行機が墜落事故、2名が死亡。免許不要!?の超軽量飛行機って何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月15日午後3時半頃、茨城県筑西市の「明野場外離着陸場」を離陸した後、行方が分からなくなっていた超軽量飛行機が16日午前6時前、茨城県つくば市のゴルフ場に墜落しているのが見つかり、男性2人の死亡が確認されました。

原因は現在不明のようです。操縦ミスなのか機体のトラブルなのか、自然の力による避けられないものだったのか。亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

このニュースを見て、私は初めて超軽量飛行機のことを知りました。誰でも手軽に操縦でき、しかも “免許不要”!?
……ということで調べてみました。

<超軽量飛行機>
ウルトラライトプレーン、マイクロライトプレーンと呼ばれる飛行機。(国によって呼び方が異なる)日本では、超軽量動力機。(日本でのみ通用する名称)
「免許」と呼ばれるものは不要、

正確には「免許」ではなく、「許可」が必要。

「技量認定」を受けた後に国土交通省から「許可」を得て、飛行可能となる。

機体、機材の価格も100万~500万、意外と手軽?に購入可能。許可を得るために飛行訓練「技量認定」が必要だがフライトスクールに通うのが一番効率的のようです。スクール料金も15万前後からと自動車免許並に。手軽に空のスポーツを楽しめると、近年愛好家が増えているとのこと。

更に、この超軽量動力機?超軽量飛行機?に関する団体がいくつかあったので、話を聞いてみました。すると、どうやらゴルフ場に墜落したのはウルトラライトプレーン、マイクロライトプレーンと呼ばれる飛行機ではないのではとの話が。


・映像で見る限り、ウルトラライトプレーン、マイクロライトプレーンと呼ばれる飛行機の規定(重量等)を超えた機体の様。

・セスナとウルトラライトプレーン、マイクロライトプレーンの中間クラスのものでは?

・NHKは、「ウルトラライトプレーン」から「超軽量飛行機」に呼び方を変更してたよね。

ここ近年、そういったクラスの機体が増えて来ているらしく、また「免許」でなく「技量認定(飛行訓練)」である事から、最近増えたこのクラスの機体でも乗れてしまうそうです。今回の墜落事故で「技量認定」の内容が変わるかどうかについては、変わらないだろうとの意見でした。身近になった空のスポーツ、より安全に楽しめればと思うとともに、資格についての整備を、今一度考える時期に来ているのかもしれないと思いました。


ガルエージェンシー池袋駅前

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー池袋駅前(0120-783-756)

ガルグループ内の調査部長等を経て09年にガル池袋駅前の代表に。現場の最前線で得た経験を駆使して調査を指揮。「我々には日常の調査も依頼者様には一生に一度の御依頼」がモットー。新たにガル新宿南とガル探偵学校新宿校の代表も務めている。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。