宴会の席で何が行われていたのか?○○が原因で旅館経営者を逮捕!お父さんが使ったマル秘アイテムとは・・・

20141112131122(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紅葉も深まり、そろそろ忘年会シーズン到来。
健全な男性なら一度はお世話になった宴会アイテムの『コンパニオン』。
酔った勢いで「淫行容疑」なんて事にならないように。

 

愛知県警は、キャバクラ店で働いていた少女らを派遣し、宿泊客とみだらな行為をさせたとして、コンパニオンクラブの経営者の男らを逮捕していた。
その捜査線上、経営する旅館でコンパニオンが宿泊客と17歳の少女2人が売春行為をする場所を提供していたとして、愛知県警は10日、同県豊田市の旅館「登里公(とりこう)」経営、渥美公太郎容疑者(54)を売春防止法違反(場所の提供)、風営法違反(無許可営業)の疑いで逮捕した。

1191893694409
容疑者のfacebookより


実は、この旅館、調査で何度も行った事のある旅館なのだ。
ある時は新年会、ある時は忘年会、親睦会、慰安会……。ご主人様が泊まりの飲み会に参加する=奥様達にとっては「怪しい!」と思うようである。

周辺での取材によると、「この旅館は、徳川家発祥の地である松平郷に近く、昔は各地からお客さんが車で訪れ、駐車場から車が溢れる程いっぱいになっていた。また料理を売りにしていた事もあり、日帰りの宴会等も繁盛していたが、飲酒運転の取り締まりが厳しくなり、以前ほど繁盛しなくなってしまった」との事。

そこで、少しでも客足を取り戻そうと考えたのが、コンパニオン宴会だろう。容疑者は、HP上で「スーパーコンパニオン宴会パック」と称し、客に1万8千~4万円でピンクコンパニオンを紹介していた。

20141112131053(1)

 周辺での取材に、地域住民も1度は利用したことのある旅館であるが故、みな一様に新聞等での報道により知って驚いた様子。「つい昨年まで近所の寄合や会社の忘年会等で利用していたがコンパニオンは来ていなかった」など、ピンクコンパニオンの存在は知らなかったらしい。

 (60代位の商店の店員の女性)
時々店に買い物をしにくるが、経営上の事は知らない。旅館は今も経営しており、工事関係の人が利用している。事件のことはみんなが噂をしている。

(近所の50代位の男性)
事件の事は知らないが、会社の関係で昔利用していた。駐車場は道沿いに在るぐらい。経営状態は詳しく知らない。

(タクシー会社60代位の男性)
事件のことは知らない。前の会社の時はよく利用していた。経営者の事は知らない。タクシーでは旅館まで乗せることがたまにあるが滅多に行かない。

 (60代経営者男性)
ニュースを見て事件のことを知った。松平の観光組合の仲間で年に1回の忘年会で顔を合わせる。そんなに親密な付き合いがないからわからない。旅館の経営者は昔からずっと変わってない。2年ぐらい前に旅館で食中毒を起こしたからまた問題を起こしたのかと思った。松平観光協会の忘年会の時に一度旅館を利用した。その時はコンパニオンの女性は多分いなかったと思う。


コンパニオン宴会業者のHPを見ると、「ピンク」をうたった宴会パックが多数紹介されており、全国に受け入れ旅館がある模様。現在、当該旅館のHPからはリンクが外され確認できない。

 容疑者は「宴会客がコンパニオンを部屋などに招くことはあったが、宴会中は配膳もしないし、開けてみることもなかった。何をしているかは知らなかった」のような供述をしているらしい。

 20141112131122(4)

今回の件で、この旅館を利用した客も警察の聴取を受けていることだろう。客側は「17歳とは知らなかった」で通るかもしれないが、家族には知られることになる可能性もあり、とんだとばっちりといったところか。

 不景気や飲酒運転に対する厳罰化などが事件の背景にあるとはいえ、県旅館業組合の現職理事、また過去には地域の観光協会の会長まで務めた人物の逮捕に、地域住民は何を思うのか?

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー愛知西三河(0120-484-172)

自らの地元である三河地域中心に活躍。中部ブロックの副ブロック長と事務局を務め、会議運営から調査員研修まで担当する。全てのご相談者に誠実な対応を心がけ、弁護士や過去のご依頼者からの紹介が多い。「三河の調査はお任せください!」。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。