夏休み中に賑わう観光地とは対照的な静寂スポット。かずら橋、大歩危をご紹介。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も8月12日から15日までの4日間、
日本三大盆踊りの1つと言われている『阿波踊り』が開催されました。
人口約26万人の徳島市に毎年全国から延べ135万人の観光客が集まり、踊る阿呆(あほ)となるのです。開催期間中、徳島市内は阿波踊り一色となり、訪れた観光客はその他の観光地へも足を延ばします。

徳島県西部、香川県高知県愛媛県との境目にある三好市。
この三好市には、日本三大奇矯の一つ、「かずら橋」があります。
「かずら橋」の付近は、山と清流に囲まれており、マイナスイオンを全身で浴びることができます。ストレス発散や若返りにも効果があるかも・・・

切り立った崖に架かる日本三大奇矯の『祖谷のかずら橋』。

20150327131853(1)001

 
ラフティングや飛び込みも楽しむことができる。画像は、撮影に来ていたキー局のテレビクルー。

20150327141535(1)001

 
一方で、賑わう観光地と対照的に、静かなスポットもあります。
それが、かずら橋そばにある道の駅・大歩危です。
この道の駅では、地元の妖怪伝説に因んだ妖怪屋敷が併設されています。

DSC00407 001


大天狗の歓迎を受けると、すぐ別の妖怪に遭遇します。
カッパの妖怪で、地元では河童のことをエンコと呼ばれているそうです。
理由はわかりませんが、かなり大人向けです。しかも立派な立ち姿ですね。

DSC00409 001

DSC00412 001

DSC00415 001


天狗を見て、エンコを見て、出入口には一つ目入道。
これらの妖怪が何か別の物を象っているように見えるのは探偵の心が汚れているからでしょうか。

妖怪ウォッチブームが終わりを見せないにも関わらず、夏休みでもひっそりとした妖怪屋敷。子供向けの可愛らしい施設ではないのがその理由かもしれません。


ガル・エージェンシー徳島 ガルエージェンシー香川

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー徳島(0120-01-9494)

探偵歴25年、徳島県と香川県で展開しており、関西・四国ブロックでは古参であり、副ブロック長を務める。テレビ出演や雑誌での取材協力、密着取材など多数のメディア出演の経歴を持つ。浮気調査・素行調査では調査後のカウンセリングに定評があり、地元の弁護士からの信頼も厚く、多数の依頼を受けている。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。