この夏一番の残忍な事件は大阪・寝屋川市の中1男女殺害遺棄、山田容疑者の歪んだ欲望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月の出来事を振り返ってみました。
今年の夏は猛暑が続き、一体どれだけ暑くなるのだろうと連日うんざりしましたが、終盤は一転して涼しくなりました。温度差もはげしく、これもまた異常気象の一つでしょうか。

2015夏

ところで、この夏一番の出来事、事件と言えばやはり大阪の寝屋川市における少年・少女の殺人事件でしょう。

寝屋川事件

逮捕された無職の山田浩二容疑者(45)はいまだに容疑を認めず、事件の全貌がはっきりしていません。
この件はもともと、二人の子供が行方不明になっていて、Facebookなどで行方を探す投稿が拡散していました。そこでは事件性もあると考えられていましたが、家出の一種なのでは?という意見もありました。夏は実際に行方調査や家出人調査などが多くある季節です。

この山田容疑者が犯人かどうかは今の時点では不明ですが、事件前に秋葉原にて警察から職務質問を受け、その際に手錠やスタンガン、注射器などが発見されたとのことです。しかし、法令違反ではなかったとのことで、それらを没収もせず、そのまま解放したようです。
確かに法令違反がなければ、そのあとを尾行したり、追及する訳にもいかないのでしょうが、他に方法が無かったのかととても残念です。

最近の気候にも言えますが、犯罪もどんどん様変わりしています。
いや、今回の寝屋川市の事件はとても残念な事件ですが、このような犯罪がいつまでも様変わりであった方が良いです。つまりは、この手の犯罪が普通になっては困ります。

未だに山田容疑者は黙秘を貫いているようです。
事件の全貌が一日も早く解明して、亡くなった二人の若い魂が安らかに眠りにつけることを願っています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー新橋(0120-018-556)

早大を卒業後、新聞社、大手不動産会社での勤務を経験。小さい頃からの夢を実現させるために探偵になる。サラリーマン時代に培われた情報ルートや長年積み重ねた人脈を駆使した、浮気調査、行方調査、信用調査など多岐に渡る調査が可能。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。