【熊谷6人殺害】警察署から逃走したペルー人を逮捕!埼玉県警に非難の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県熊谷市の閑静な住宅街で起きた連続殺人事件。

犯人は犯行の前日、任意同行された警察署から逃走した外国人の男と判明!

20150917094223(2)

逃走の経緯は男に、煙草を吸わせている間に逃げられた。

120150917093603(1)

何故、玄関前で吸わせたのか!?疑問が・・・
庁舎の裏側にも職員用の喫煙場所があるのに、なぜそこで吸わせなかったのか?この場所は、国道17号線と国道407号線との交差点角で、交通量が多く住宅街で路地も入り組んでいることから、追跡は困難な場所である。

庁舎裏側の喫煙場所は裏駐車場で出入り口は、庁舎東側の1ヶ所。そこは、常にある程度の高さの門扉が閉められていて鍵がかかっていることから飛び越えない限り出られない。

20150917100151(4)

逃走されたのは、日曜日。当直体制で、十分な対応が行われていたのか問われるだろう。

当直長の判断や署長への報告がどの程度だったのか、逃走後の対応等・・・更にその後の多くの不審者情報に対する対応も検証されるだろう。

20150917100151(1)

そして、心配されるのが、これ以上の被害が無いかだ!最初に発覚した殺人事件から今回事件まで間に1日・・・
発覚していない事件がなければよいが・・・

この対応(付近の住宅の安否確認)か!?機動隊も付近に確認されただけで2小隊(50名以上)も導入されていた!?

20150917093932(1)

被疑者は、深谷〇十字病院に入院しているものと思われるが意識不明の重体!これだけの事件に発展し結果が凄惨なだけに…トップの責任を問われてしまうのも仕方がないかもしれません。

 

ガルエージェンシー埼玉北

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー埼玉北(0120-446-007)

三〇年間警察官として勤務 1981年 警察学校入校 1982年 警察署配属 1994年 警察本部自動車警ら隊 1997年 巡査部長昇任、警察署配属主任として勤務 1997年 管区学校成績優秀表彰受賞 1999年 警察本部高速道路交通警察隊主任として勤務 2002年 警部補昇任、警察署配属係長として勤務 2004年 警察本部高速道路交通警察隊係長として勤務 2009年 警察署配属、統括係長として勤務 2010年 優秀警察職員表彰受賞 2011年退職 2012年総合探偵社ガルエージェンシー埼玉北代表 2013年メンタルヘルスカウンセラー資格取得 2014年メンタルヘルス心理士試験合格

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。