台風による被害の拡大で旭化成の株価が高騰、その理由は?鬼怒川の堤防に注目!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月10日に茨城県常総市鬼怒川の堤防が決壊した災害。自衛隊が救護するなど被害の状況は大変で、その様子はネットやTVで放映されていましたね。被害になられた方々につきましては、お見舞い申し上げます。

TV中継などで放映されていた時に白い家が流されず頑固そうに頑張っていました。この家が防波堤になったようで、周りの方々も救われた方もいらっしゃるそうです。

1478

白い家は旭化成のヘーベルハウスでした。そこで、ヘーベルハウス3階建てに実際に住んでいる方を聞込みをしてみる事に。その実力は、阪神・淡路大震災でも被害が少なかったと耳にしていた記憶があります。

①地震で地盤沈下しても地下数十メートルの杭が家の基礎ごと支え傾かずに頑張った。
②火災が発生していてもヘーベルハウスの防火壁、ヘーベル板火災を防御し周りの家などに燃え移るのを防いだ。
③勿論地震による倒壊も無かったとしている。
④二階建てから二世帯住宅の走りにもなった3階立てでも被害を抑えたとしている。構造は重量鉄骨造り。(他メーカーでは軽量鉄骨造が多いそうだ)
kasai

しかし、こんな欠点の話もあるようです。

①値段が高い。日本の住宅では上位1位から3位以内。
②夏は暑い・冬は寒い(これ本当かな)冷暖房が必要。
③火災保険料は特別安くない(通常の適用料率。
zou

今回の災害の騒ぎと同時に白い家が話題になり旭化成の株価が高騰しました。
あなたも3階住宅で像を屋上に!安心を買ってみませんか?


ガルエージェンシー東京赤羽

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー川口埼玉(0120-918-681)

長年に亘り自動車メーカーの保険業務に携わった後、ガル東京赤羽を開設。2017年に川口市に移転(ガル川口埼玉)。前職での経験を生かし、探偵調査部門と平行して保険部門で損害保険の代理店も運営する。依頼者と一緒に問題解決しようとする姿勢には定評あり。弁護士からの信頼も厚い。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。