探偵のお仕事ってこんな感じ!ちょっと大変だった調査をご紹介!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は今までの調査の中でも大変だった調査をご紹介します。

1.予期せぬ大移動
83ba2c2038833f0054099f3bd4df86e0_s
お仕事をされていれば予期せぬ残業や急な出張など度々あると思います。
そんな予期せぬ事が続いてしまった事案です。
調査1日目 霞が関→池袋(自宅確認)
調査2日目 池袋→盛岡(自宅確認終了)→埼玉
調査3日目 埼玉→盛岡(所在確認及び素行調査)
調査4日目~8日目 盛岡(所在確認及び素行調査終了)
調査9日目 盛岡→三重(結婚調査)
調査10日目 三重(結婚調査終了)→埼玉→赤坂(不正事実確認)
調査11日目 赤坂→水戸→宇都宮(不正事実確認終了)
こんな日程でした。あるんですね!最初から決まっていればいいのですが、そんな事言ってられないですから!!

2.2月の張込48時間!! 結果・・・ 動きなし
9fb523b65e30898029ceea96c8a6fc18_s














探偵のお仕事は、とにかく張込の割合が多いのです!しかも出てくる一瞬を逃してはいけないので緊張状態が続きます。これは辛かったです。しかも寒かったです。

この調査は、行方調査でした。調査の結果、都内某所のマンションに居住していることが判明しました。そこで玄関から出てくるのを確認して終了となるはずが・・・。その玄関が唯一見えるのが向かい側にあるビルの非常階段。張込位置としては目立たない立地で良いのですが季節は冬で北風も強い!しかも他の調査員が別件などでこちらは自分ひとり・・・。

6時間経過・・・  12時間経過・・・  出てこない。。。
まあまあよくある事です。
ちなみにトイレは非常階段の排水溝でした。←オーナー様、すいませんでした。一応、10年くらい前の出来事です。そして24時間・・・動きがなく、2日目をむかえ、結局48時間全く動きがなしです。翌日、別の調査員が現場に張込2時間後・・・ 「出てきました~!!」終了!!・・・悲しい。


ガルエージェンシー埼玉

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー埼玉(0120-110-325)

1999年に設立。以来、数多くの調査を受件し、埼玉県内で随一の調査力との呼び声も高い。その圧倒的な調査力が評価されて、弁護士からの信頼の厚さは抜群。また、相談員の親身なカウンセリングとアフターケアにリピーターとなる依頼者も多い。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。