【14歳少女逮捕!】沖縄県うるま市血まみれの赤ちゃんが団地に置き去り事件【続報】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月21日に、沖縄県うるま市具志川の県営団地敷地内で、裸のままスーパーのレジ袋のようなものに入れられているのを発見された事件の犯人が逮捕された。

保護責任者遺棄の疑いで逮捕されたのは、沖縄本島中部に住む中学3年の14歳の女子生徒。警察の調べによると女子生徒は、9月21日、自宅のトイレで出産した女の赤ちゃんを、沖縄県うるま市の団地の緑地帯にビニール袋に入れ捨てた疑いがもたれている。

11702737_717399051737123_8269365061220718162_n
それに対し女子生徒は容疑を認め、「お母さんにも話すことができず、どうしていいかわからなかった」と供述しているという。

発見者の女性のSNSへの投稿によると、事実を確かめようと警察に連絡したものの、すでに引き上げており、後日連絡とゆうことで、全くもって連絡がないとのこと。事件時に捨てられていた赤ちゃんをくるんだ発見者の女性の息子の衣服の返却もない、赤ちゃんにも会えない。母親が見つかった事に関して、良かったと思う反面、警察の中途半端な対応に憤りを隠せない様子だが、文末には、この事件が良い方向へと解決してくれればと思う。今後のその子の幸せを願います。と捨てられていた赤ちゃんの幸せを願う温かい想いを綴っている。


中学校3年生の少女が妊娠していることに周囲の人間、家族は気づくことができなかったのだろうか。この少女と産まれてすぐに捨てられた赤ちゃんは、これからどのような人生を歩んでいくのだろうか。このような事件が2度と起こらないように祈るばかりだ。


ガルエージェンシー沖縄

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー沖縄(0120-783-724)

長野県松本市出身。佐川急便で10年間に渡り管理職を務めた後、2000年3月にガル松本を開設。その3年後にはガル沖縄を立ち上げる。全国トップクラスの業績を誇り、ガルエージェンシーの甲信越ブロック長、関東ブロック長などを歴任した。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。