JR神戸線に新駅誕生!新技術の詰まった「摩耶」駅に注目!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月2日、JR西日本は神戸線で来春開業する新駅の名称を、姫路市の新駅は「東姫路」、神戸市灘区の灘~六甲道間は「摩耶」と発表した。

IMG_2898
(駅舎はまだまだ建設中)

「摩耶」の名前の由来は「摩耶山」で、「摩耶ふ頭」、阪神高速「摩耶IC」など施設の名前に広く使用され、なじみがある為。JR西日本としては2008年以来の新駅であり、「摩耶」は大阪駅に次いで、西日本で2つめの「エコステーション」となる。

IMG_2899

「エコステーション」とは、照明の全LED化や太陽光発電パネルの設置等により、消費電力の削減を図っている駅の事で、「摩耶」にはJR西日本初導入となる「直流電力変換装置」なるものが導入されるようだ。

「直流電力変換装置」などと言われても私もよくわからないが、要するに電車がブレーキを掛けた時に発生する電力を駅の電力に活用できるシステムの事だそうだ。

K0000287212(単純に言うと、プ○ウスについているアレの凄いバージョンと言うことか)

また、エネルギー面だけでなく、トイレも節水で省資源を図るらしい。
「摩耶」の場所は灘駅から約900mの場所。

キャプチャ(地図上○印の辺り)

非常に近い。灘駅南口を出て、駅前の道を東へ歩くと、以前「青青信号」の取材をした高橋に着く。

IMG_2894(灘駅南口)

IMG_2901(高橋から見た灘駅)

同じ場所から真後ろを眺めると…

IMG_2900

未だ建設中なので分かりにくいが、駅舎が見える。新宿~代々木間に匹敵するくらい近い。ぶっちゃけ、歩ける。ちなみに、その隣の六甲道駅までは約1.5kmあるので、そこそこ遠い。

IMG_2903(六甲道駅)

停車するのは普通電車のみ、一日当たりの乗降者数は1万6千人の見込みだそうだ。環境に優しい新駅の開業で、地域の発展も期待したいところである。


ガルエージェンシー神戸三宮

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー神戸三宮(0120-3038-15)

代表の私が、あなたの悩みに寄り添い、必ずご依頼主様の味方になります!

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。