アリさんマークの引越社が「不当解雇・恫喝・差別」、新たな問題が発覚!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「アリさんマークの引越社」として知られる株式会社引越社関東への抗議デモの様子を撮影した動画が、各所で話題になっている。10月1日に同社前で、プレカリアートユニオンなどの関係者がデモを行った。このデモは、一旦は懲戒解雇された34歳の男性社員の復職に合わせて行われたものだ。

 

01

 

業務時間中に発生した損害に相当する金額の給与からの天引き、残業代の未払い、「追い出し部屋」への異動などがあったという。これらに異議を唱えて提訴した男性は、懲戒解雇を言い渡された。その後、解雇は撤回されたが、復職後も他の社員とは異なる服装でシュレッダー係として勤務することになったという。

男性の氏名、顔写真ならびに解雇理由などを掲載した貼り紙が全ての支店に配布され、掲示されたとのことで、問題視されている。そして、復職後もこの貼り紙が掲示されているというのだ。さらに、「北朝鮮人は帰れ!」、「過激派の流れを汲むような怖い人は去れ!」と書かれた紙も、男性の写真や氏名とともに掲示されたという。

 

02

 

03

 

先日のデモの動画では、同社の副社長らの言動は恫喝行為ではないかと物議を醸した。一方、副社長は日刊スポーツの記事で反論を展開した。残業代は払っていること、当該の男性の勤務態度に問題があったために異動になったことなどを述べている。また、懲戒解雇の理由は提訴ではなく、機密事項を男性が漏洩したためであると主張。社員の住所や電話番号、男性が担当していた取引先の情報等が流出し、そこに抗議のビラが撒かれたという。

引越社関東は弁護士ドットコムの取材に対して、動画は男性らに都合のよいところだけ編集したものだと回答している。動画の収録内容よりも前の段階で、どのようなやりとりがあったのか。当サイトでは、この点を同社の広報担当者に尋ねたが、詳細を把握していないという。個人情報漏洩の件も上層部しか情報を有していないため、回答できないそうだ。なお、「北朝鮮人は帰れ!」等の貼り紙を社内で見たことは一度もないと担当者は述べた。

続いて、プレカリアートユニオンに話を聞いた。デモは長時間に及んだため、短く編集したとのこと。ユニオン側の行動に不備は全くないので、もし内容に疑義があるのであれば、未編集のものを公開してもよいという。社員の個人情報等の漏洩と言われている事柄も、実態は異なるそうだ。会社の役員等の住所は、登記簿に公開されている。それらを調べてビラを配布したのであり、個人情報の漏洩は一切ないという。

そもそも、過去に引越社側が個人情報の不当な漏洩を行った疑惑があると、ユニオンの担当者は明かした。労働組合に加入していた引越社の元社員たちが、退職後に氏名と転職先の一覧を業界誌に掲載されたことがあるというのだ。これらの個人情報は同社の関係者でなければ知り得ないはずのものであり、当該行為に対して刑事告訴を検討しているという。

プレカリアートユニオンは一連の問題について、引越社からの回答ならびに謝罪文を10月7日の正午までに送るよう求めていた。同社からの回答は届いたが、内容は「回答になっていないものだった」という。また、謝罪の言葉も一切なかったそうだ。

 

 

その他の証拠画像

 

04

 

05

 

06

 

高橋

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。