病院の院長が覚せい剤使用の容疑で逮捕!さらなる不祥事も発覚!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月26日、徳島県徳島市にあるメンタルクリニック、「弘子メンタルクリニック」の院長・橋本弘子容疑者が覚せい剤所持の疑いで逮捕されました。

寄せられた情報をもとに、徳島県警が橋本容疑者の自宅を捜索したところ、覚せい剤0.3グラムの他、使用済みの注射器などが発見されたとのことです。

取り調べに対し、自分で使うために所持していたことを橋本容疑者が認めたことから、9月14日に覚せい剤使用の容疑で再逮捕されました。

01
02
逮捕された橋本容疑者が経営する弘子メンタルクリニック

03
正面玄関。出入口は閉ざされ、パーテーションで目隠しされている

04
玄関には、逮捕日の8月26日をもって閉院したとのお知らせが

05
「当面の間、休診させて頂きます。」と書かれた張り紙も。逮捕当日、慌てて貼り出されたものだろうか

06
すべての窓のカーテンやブラインドが閉じられている

メンタルクリニックといえば、患者の心の悩みを聞き、精神的な病から救う場所です。目に見える怪我の治療などとは違った難しさがあるはずです。救う側の院長に一体何があったのでしょうか。

この病院について付近の住民に聞くと、

「とてもていねいで優秀な先生だと聞いています」

「地元では非常に有名な病院ですが、そういえば最近、駐車場に停まっている車が減ったような気がしていました」

など、地元では評判の高い病院だったようだ。さらに、

「良い先生でしたから、診てもらえなくて困る患者さんも多いと思います」

「以前、ご主人のことも事件で大きく報道されましたし、本当に気の毒です」

「前にあんな事件があって、先生はかなり無理して頑張っていました。あんなことがあったら仕方ないと思います。できるだけ軽い罪にしてもらいたいです」

前に事件? ご主人のこと? 実は、この病院が舞台となった事件は今回が初めてではありませんでした。

(つづく)

ガルエージェンシー徳島

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー徳島(0120-01-9494)

探偵歴25年、徳島県と香川県で展開しており、関西・四国ブロックでは古参であり、副ブロック長を務める。テレビ出演や雑誌での取材協力、密着取材など多数のメディア出演の経歴を持つ。浮気調査・素行調査では調査後のカウンセリングに定評があり、地元の弁護士からの信頼も厚く、多数の依頼を受けている。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。