もうすぐハロウィン!ハロウィンの仮装にはこんな意味があった!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少し早いですが、10月31日といえばハロウィン。数年前から比べると、日本でもハロウィンのイベントが非常に増えています。

近年のハロウィンでよく見る仮装はゾンビですよね。可愛いだけの仮装には飽きてしまった女子にも人気です。

01

そもそも、ハロウィンの日に仮装するのは何故でしょうか?

昔、10月31日の夜はこの世とあの世の境目がなくなり、あの世の悪霊、死者の霊たちがあの世からこの世にやってくると信じられていました。

02

そのため、人々は仮装して悪霊たちの目をくらまし、自分に乗り移らないようにしようとします。

「人間ではなく、同じ魔物で仲間ですよ」とアピールすることで、難を逃れようとしたから、というのが理由のようです。

10月も後半になり、ハロウィンムードもかなり高まってきました。どうやらここ、姫路の街でもハロウィンハウスが出現したようです。

03
兵庫県姫路駅前の複合商業施設「FESTA(フェスタ)」サイトより

「県下最恐のハロウィンハウス」とは、一体どれくらいの怖さなのか…行ってみたいような、行ってみたくないような(笑)

何はともあれ、ハロウィン本番まであと少し。仮装の準備がまだという人は急いでくださいね!!

04
「Trick or Treat(お菓子をくれなきゃ、イタズラするぞ!!)」

ガルエージェンシー姫路

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー姫路(0120-258-626)

2000年にガル姫路、06年にガル加古川を設立。西兵庫を中心に地域密着型の調査を行ってきた。経験豊かなスタッフによるカウンセリングとフットワークの軽さには定評あり。男女間の問題解決を得意とする。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。