街並みに馴染むことこそ、探偵の極意!ただし、そのことで弊害も・・・

探偵は風景となれ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


張り込み中の探偵は目立ってはいけない。

服装を変えたり小道具を使ったり、それぞれが工夫をするものである。
特に女性探偵はファッションアイテムが豊富なので、それらを駆使する。

東京都内某所で働く女性探偵K。
今日も張り込みを行っていると、いつものように・・・やたら道を聞かれる。
地元住民だと思われてるらしい。うむ、計算通り。
周辺の地図は頭に入ってますよ、任せろ!

「○○神社へはどう行くんですか?」(50歳代女性×2)
→来た道を戻って最初の十字路を左ですよ。

 「■■病院が近くにあるはずなんですが…」(30歳代男性)
→右手に見えてる建物です。

 「I want to go to this address」(20歳代外国人女性)
→おーばーぜあー、びっぐすとりーと、ごーとぅーらいと。

 
うむ、聞かれすぎじゃね?
最終的にその日は、「誰か待ってるの?よかったらお茶でも・・・」とナンパされる始末。ま、不審がられていないみたいなので良しとしよう!
でも明日はまた雰囲気を変えねば。

こうして変装のレパートリーが増えていく探偵Kであった。

CA3G0002

 

ガルエージェンシー赤坂 調査員

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー赤坂(0120-720-786)

探偵歴10年以上のベテラン。過去、数多くの難事件を解決してきた。探偵としての「洞察力」や「観察力」そして「分析力」には自信がある。各界に多くの人脈を持ち、情報量も群を抜く。「モットーは懇切丁寧、小さな調査でもまずはご相談!」。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。