【無理心中失敗か?!】2児を海で溺死させた母親、伊芸なつき容疑者を逮捕!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月16日午前8時40分頃、沖縄県読谷村の海岸で、志音ちゃん(4)と、礼音くん(10ヶ月)の幼い姉弟が溺死するという、痛ましい事件が起きた。

事件翌日17日、同県嘉手納警察署はうるま市在住、姉弟の母親である伊芸なつき容疑者(30)を殺人の疑いで逮捕した。yomitan1

調べに対し、「一緒に死のうと思って海に入った」などと供述し容疑を認めている。

母親はシングルマザー(未婚)で無職。生活苦による一家心中を図ったと考えるのが妥当だろう。しかし、母親は当初、救急隊に「娘が転んで溺れたので、息子を抱えて助けに行ったら自分も深みにはまり息子も溺れてしまった」などと話していた。

・・・一家心中するつもりだったが自分は死ねなくて、怖くなって嘘をついたのか、子供だけ殺すつもりで嘘をついたのかはわからない。ただ、「申し訳ないと思っている。子供の為に正直に話そうと思った」とも話している。

 関係者の話では、育児に悩み電話で弱音を吐いていたことなどを振り返り「ノイローゼ気味で、精神的に参っていたとしか考えられない。自分の母親の一周忌に亡くなろうとするなんて、よほど苦しんでいたのだろう…」と言葉を詰まらせながら語ったという。

現場へ取材へ行くと、たくさんの乳幼児向けの飲料やお菓子、花が供えられており、言葉が出なかった。

現場は、残波ビーチに隣接する海岸。

yomitan4

 yomitan3

画像左側の小さい赤丸の位置が事件発生現場、画像右側の大きい赤丸が残波ビーチの監視員がいる位置。人口ビーチから約50mの距離で、監視員がいれば気づくほど近い場所だ。

ビーチの遊泳時間は午前9時からとなっている為、事件は発生時は監視員がまだ居なかったのだろう。このような事件が2度と起こらないよう、祈るばかりだ。


ガルエージェンシー沖縄

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー沖縄(0120-783-724)

長野県松本市出身。佐川急便で10年間に渡り管理職を務めた後、2000年3月にガル松本を開設。その3年後にはガル沖縄を立ち上げる。全国トップクラスの業績を誇り、ガルエージェンシーの甲信越ブロック長、関東ブロック長などを歴任した。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。