異色の依頼に探偵も困惑!?暴力息子よ、覚悟しときなさい!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は変わったご依頼をご紹介します。

依頼人は50歳代女性。依頼内容は一緒に住む息子の暴力で困っているため、親子の縁を切りたいという。また、暴力息子を引越させて就職させてほしいというのだ。母親はすでに別のアパートでの生活が出来る状態。この暴力息子は無職のためお金は母親の財布から抜き取っていくらしい。

なんとか解決させたいと思いご依頼を快諾!とにかく何をしたら良いかまとめてみました。

1.親子の縁を切る
これには分籍という制度を提案する。通常、婚姻すると母親(戸籍の筆頭者)から除籍して自分が筆頭者の戸籍を持つが、分籍の手続きをすると独身の息子が母親の戸籍から抜けて息子が筆頭者の戸籍ができる。
b6a40424f7f07de5dc87f55f5ec54669_s



















2.引越
アパートの解約から次に住むアパートの契約、引越までを行う。
47a7785e76cebb0f970e47634a0b72b6_s

















3.就職先を探し職に就かせる
就職活動のサポートを行う。
83837d1775b5e8102dad3c7f0ea3a0f8_s


















それにしてもこの仕事をしっかりと達成できるのか不安が残りましたが、もうやるしかない!!早速、業務開始します。
まずは暴力息子と対面して今回の事を説明します。そのうえで承諾させなければ話になりません。という事でアパートに張込して暴力息子の帰宅を待ちます。
e1d6e1cc6ef755bc2b61193a38790e94_s























待つこと2時間・・・
バイクの爆音とともに暴力息子が登場!!

調査員:(ちょ~ガラ悪いな・・・)
    すいません。○○さんですか?
暴力息子:なんだよ~!!
調査員:お母さまからご相談を受けまして○○さんのこれからについて色々とお話しさせて頂きたいのですか・・・
暴力息子:うるせ~よ!!帰れ!!
そう言うと部屋に入ってしまう・・・
調査員:あ~。これマジでやばいかも・・・

さあ、このお仕事どんな結末をむかえるのか! 第2弾をお楽しみに!!


ガルエージェンシー埼玉

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー埼玉(0120-110-325)

1999年に設立。以来、数多くの調査を受件し、埼玉県内で随一の調査力との呼び声も高い。その圧倒的な調査力が評価されて、弁護士からの信頼の厚さは抜群。また、相談員の親身なカウンセリングとアフターケアにリピーターとなる依頼者も多い。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。