浮気で悩んでいるアナタは絶対見てはいけません!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、朝晩めっきり冷えるようになりましたね・・・。
我々探偵業界は寒くなってくるにつれ、いやいや年末になるにつれ調査業務が活発になってくる。

何故なら日本人は年内に問題を解決したいという思考が強く、人を探すにせよ夫婦問題の解決にせよ駆け込みの需要が増えるのと、金融や物流が動く・・・消費活動が活発になる・・・年末に向けてイベントも増える「ハロウィン」「クリスマス」「忘年会」「納会」等々、他の人との接点も増えるからだ。当然人の動きも活発になるわけである・・・。少し早いが今年を振り返ってみて、我々調査業を営む探偵にはショッキングな出来事があった。

一つは、今年の五月に客を確保するために性交渉したクラブのママのいわゆる「枕営業」は、客の妻に対する不貞行為となるのか。東京地裁は「売春と同様、商売として性交渉をしたに過ぎず、結婚生活の平和を害さない」と判断し、妻の賠償請求を退ける判決を出した。

これは自分の旦那が浮気していても「相手は水商売の女性だから」という免罪符を与えかねない恐ろしい判決なのである。似たような言い訳として最近多いのは、男性の浮気調査をしていて接触女性とホテルに行きました、もちろんキッチリ接触からホテルの出入りまで完璧に捉えました、それも数回・・・が慰謝料請求は出来ない!

何故か??「相手が風俗嬢だから」という内容・・・。昨今は待ち合わせからセッティングされてる風俗の業態も多く「待ち合わせデリ」などと言われている。無論その調査した女性はそうではないのだが、言い訳として使われるのである・・・そうなるとこれまでのように単純に「異性とラブホテルなどに複数回出入りが不貞の証拠」というのは成り立たないのである。

ではどうすればいいのか?相手の女性の素性をキッチリ調べ上げる。住所・氏名・職業・既婚・子供の有無・等々・・・。がしかし一番重要なのはどんな関係性なのか??という事。要するにお金の関係ではなく、恋愛感情が見て取れる証拠が必要なのだ。

浮気の悩みは、証拠の有用性も含めて、今後益々多種多様になっていくコトは間違いない!


ガルエージェンシー立川

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー立川(0120-786-864)

金融業界に10年間在籍していた知識と経験を活かし、2002年にガル西多摩を開設。開業以来現在までノークレームの確かな実績、多摩地区在住20年の代表の土地勘と幅広いネットワークが強みである。特に浮気・素行・行方調査には絶対の自信をもつ。2015年より支社名称をガルエージェンシー立川とする。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。