あなたの名字の由来は?調査員が街中で見かけた珍しい名字!

C845_meijijinguunotorii-thumb-815xauto-15045
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調査員は様々な調査やポスティング(チラシ配り)など、色々な所を歩きまわる日々を送っています。

特に住宅街を歩いていると目につくもの…それは珍しい名字です。大抵はある程度の漢字の知識があれば読むことができますが、中には予想外な読み方をする名字の方もいらっしゃいます。

余談ではありますが私自身もやや珍しい名前であり、「電話で名乗ると聞き取れない」といった日常的な苦労や、「男なのに成人式前に晴着のパンフレットが届く」などの珍事件に見舞われることもしばしばあります。セールス電話がきた際に、「○○様(読み方が違う)のお宅でしょうか?」「いえ、違います」と一発で撃退できるのが唯一の利点でしょうか(笑)

さて、話を戻しまして、調査員が街中で見かけた珍しい名字をご紹介していきます。

「薬袋(みない)」…戦国大名、武田信玄にまつわる話から生まれた、との説もあるそうです。

「蜂巣(はちす、はちのす)」…天皇家から賜った由緒ある名字だそうです!

「百目木(どめき)」…東北の地名が由来とのこと。

「鼈宮谷(べっくや)」…日本にごく僅かしかいないとか…。

「祝儀園(しゅうぎぞの)」…縁起の良さそうな名字ですね!!

「五郎丸(ごろうまる)」…最近話題のあの方のご親戚でしょうか…!?

五郎丸

 

 

 

 

 

 


他にも「六厩(むまや)」「艫居(ともい)」「猫沖(ねこおき)」「於保(おほ)」等々、色々な名字の方がいらっしゃいました。

地名由来や職業由来など名字の由来は様々です。

同じ名字でも、由来が違ったり読み方が違ったりするので断言できるものではありませんが、皆様もご自分の名字の由来を調べてみてはいかがでしょうか?意外な先祖に辿り着くかもしれません。

また、街中で見かけた読めない名字を調べておけば、将来、同じ名字の方に出会った際にスムーズに会話を進められますよ。気になったものは調べてみる。その好奇心も探偵に必要な素養の一つです!


ガルエージェンシー船橋

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社ガルエージェンシー船橋(0120-954-769)

船橋駅から徒歩3分の場所に事務所を構える。代表はガルグループ内の調査リーダーとして日本全国はもちろん海外での調査経験も多数あり。一人でも多くのお客様の笑顔が見られるよう、調査に尽力する。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。