夫婦とは? 浮気調査を頼まれるたび遠くなる結婚願望!?

吉祥寺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵という仕事をしていると、夫婦とは何だ? と考えさせられるときがある。
昔は浮気と言えば妻が夫について調べてくれ、という依頼が圧倒的に多かったのに、最近は夫が妻の浮気を疑い依頼してくるケースが増えている。


先だって放映されていたドラマ「昼顔」の影響だろうか。

探偵2-1

今回の依頼は30代の夫が、妻の浮気現場を押さえて欲しいというものだった。
夫が妻の浮気を疑った経緯や、妻の個人情報について尋ねる。相手は妻の職場の上司だ。

浮気相手が職場の上司や同僚というケースは多い。てきぱきと仕事をこなす男性がカッコよく見えるのだろう。それを妻側に突きつけてに離婚調停に持ち込みたいため、確実な証拠を提示しなくてはならない。

浮気調査の基本は尾行だ。
今回は相手の顔や職場が初めから分かっているので有難い。写真で見る限り、年齢は依頼者の夫とさほど変わらないのに、見た目はとても爽やかなイケメンだった。今朝から降り出した雪の中での尾行を開始した。

夫の情報では妻は月曜日と木曜日の帰宅が遅いということだ。調べてみると浮気相手の妻が、月曜日と木曜日の夜に習い事をしていた。ほぼ確定じゃないか、と思ったが、必要なのは現場の証拠写真だ。

職場が繁華街にあるため、妻も上司も電車通勤だった。そのため二人の移動も電車やタクシーだ。つまり我々も徒歩で二人を尾行しなければならないということだ。真冬の尾行は正直辛い。二人が食事をする間も、二人がホテルでお楽しみの間も、ずっと寒空の下で待っていなければならない。車があれば車内で待つことが可能だが、車を止める場所が無ければ立張りするしかない。

決定的な証拠とするためには、食事をして、手を繋いで、そして最後はホテルへ、などという一連の写真が必要だ。そのために二人が出て来るのをただひたすら待つ。幸い、今回は調査初日にホテルまで行ってくれた。探偵としてはかなりラッキーな事案だ。

夫に疑われているとも知らず、幸せそうな妻の顔をカメラに収めながら、自分は当分結婚は先だな、と、いつも思う探偵であった。


ガルエージェンシー吉祥寺

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー吉祥寺(0120-25-3336)

東京生まれの東京育ち。23区内から都下の隅々まで熟知し、土地勘がものを言う尾行には絶対の自信を持つ。浮気調査は特に依頼者から絶大な信頼を得ており、リピーターや弁護士からの紹介案件も多い。10年以上ノークレームの探偵。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。