続報!!大阪府茨木市で起きた女児虐待事件 痛々しさの残る現場

IMG_0242 - コピー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府茨木市で起きた3歳女児への虐待事件。
本日も現場に向かったが、近隣住民はほとんど出てこず、事件についてあまり語りたくなさそうである。

MAH00834(1)MAH00838(1)

昼の買い出しに出るのも嫌なようで、近くの一軒家ではピザのデリバリーを注文していた。単純に取材が嫌なだけなのだろうか、あるいは岸本容疑者側からの復讐を恐れてなのだろうか。

いずれにしても希薄な人間関係の様子。
あまり聞き込み情報を得られず困っている綺麗な記者もいた。

その後の情報では、義父の岸本友希(ゆうき)容疑者(22)と母親(○菜)は2月ごろから、紗弥音ちゃんに必要な食事を与えず、6月15日に自宅で衰弱死させたとされている。腸内には、玉ねぎの皮、アルミ箔(はく)、ろうそくのろうだけでなく、唐辛子も残っていたそうだ。

無題

3歳の女児が空腹すぎてたまらなくなり、必死で口にしたと思うと痛々しくてたまらない。
この両容疑者が昨年4月に結婚するまで、紗弥音ちゃんは祖母と母親と3人で暮らしており、祖母にとても懐いていたそうである。祖母は2月20日から紗弥音ちゃんを預かり、自分の家に2泊させたが、その時の紗弥音ちゃんは元気だったという。

しかし、紗弥音ちゃんを自宅に帰した後、母親(○菜)から「食べ物を与え過ぎ!」と怒って連絡を受け、それ以降、紗弥音ちゃんに会おうとしても両容疑者から拒まれた。
5月末には、祖母が食事を持って自宅を訪ねたが、玄関先で母親(○菜)に「紗弥音には会わせられない」と追い返されたという。

MAH00835(1) MAH00836(1)
紗弥音ちゃんが括り付けられていた可能性があるベランダとそこにあった女児用のサンダル

MAH00834(2) MAH00837(2)
反対側のベランダ

 

その他の情報↓

kisimotoo
母親(○菜)のデコログ

家族がいるから頑張れる

岸本family (22)友希・○菜(19) (3)紗弥音・○○斗(1) ○○斗(0) 私達の支え・・・愛してるよ♡

ゆーくんfamily♡ 仲良し家族 ずっとずっと幸せ と表記されている。(顔文字省略)

 

IMG_0243
母親(○菜)のFacebook

IMG_0245
左上が亡くなった紗弥音ちゃん・・・

 

こんな悲惨な事件が二度と起きないよう探偵の立場で地域住民と連携していきたいと感じた。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班

ガルエージェンシー本部直属の特別捜査班。 事件との対峙を主な任務とし、選ばれた精鋭が集う。 海を超える情報網とその捜査力は圧巻の一言。

関連記事

コメント

  1. ふたりのママ より:

    虐待されなかった方は、
    両者の血を受け継いでいる事が多いと
    思われる。
    だからと言って安易に安心は、
    出来ないが。
    そして、弱者を攻撃する鬼畜に対して
    日本の法律は、まだまだ甘い!
    その周りに住んでる人達も分からないことなんて絶対にない!のに
    知らないふり。自分の身をまもるため?
    そんな人たちも虐待していることと同じである。
    命あるもの。弱いものを護る義務があると私は、思う。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。