半世紀前の姿で今を駆ける!!最古参の電車、山陽電気鉄道「3000号」を取材した

3000
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1964年12月に完成し、65年1月から今も尚現役で走り続けている車両がある。山陽電気鉄道の「3000号」である。

「3000号」は日本でアルミ製の車両が主流になるきっかけを築いた、開発当時は最先端の車両だったようだ。そんな「3000号」が初登場時の外観に復刻されて走行していると聞き、始発駅(取材時)である「須磨駅」へと足を運んだ。

s-20151124171051(1)

約50年、623万kmの走行をしてきた「3000号」。
私は鉄ヲタでもないし、50年前はこの世に生まれていなかった為、当たり前に初対面だが、その年数と走行距離を考えるとちょっとワクワクした。

発車予定時刻よりも随分早く「3000号」はホームへ姿を現した。

s-20151124171953(1)

シンプルな赤いラインが入った、四角い車体。
今走っていても全く見劣りしないその見た目から、大事に使われてきたのがよくわかる。

s-20151124172113(1)

3000 3001 3600の3両編成で「新開地駅」まで各駅停車の旅が始まる。そんな「3000号」の車内には、50年前を想わせるもので溢れていた。

s-20151124172216(1)

まだ「川崎車輌」だった頃の「川崎重工業」のプレート。

s-20151124172225(1)

優れた特徴を持つ車両に贈られる「ローレル賞」のプレート。

s-20151124172256(1)

車で言う所の車検証(?)のようなもの。

こうした掲示物だけではなく、窓枠や車両間のドアの板、椅子の座り心地などからも、この車両が走り出した当時の様子がひしひしと伝わってきた。

乗車すれば、見た目以外からも「3000号」の古き良きを感じることができる。今では考えられない程ダイレクトに響くエンジン音やブレーキ音。車内アナウンスの前に「ピンポンパンポーン」と流れるチャイムの音は、これに乗らなければ感じることのできない趣であった。

そんなレトロ感を味わっているうちに終点の「新開地駅」に到着。

s-20151124174013(1)

今日もお疲れさまでした。

山陽電気鉄道は、来年3月末を目処に「6000系」の新型車両を投入する方針だそうだ。新型車両が出てきても、「3000号」には限界が来るその時まで、大先輩として堂々と活躍する姿を見せてほしい。

ガルエージェンシー神戸三宮

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー神戸三宮(0120-3038-15)

代表の私が、あなたの悩みに寄り添い、必ずご依頼主様の味方になります!

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。