年末に検問が多くなる理由とは?~人生を狂わせる飲酒運転事故

飲酒運転
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年末になると検問を多く見ると思いますが、これには、理由が存在します!

20150625122708(2)

警察の広報を見ている方は、ご存じだと思いますが、この時期になると……

『全国一斉検問』
これは、警察庁が日程を指定し、日本全国の警察で実施。

『管区一斉検問』
各管区、たとえば関東管区警察局が指定し、関東管区内の警察で、実施。

『県下一斉検問』
各都道府県警本部が、指定し実施。

これが、12月に集中して行われるのです。特に『県下一斉検問』になると複数回実施されますので、よく目にすることになるのです。

20151030171645(2)

しかし、しっかりと実施される理由があります。
それは『全国一斉検問』と『管区一斉検問』では、警察庁の幹部が回るため、場合によっては、本部長や交通部長も巡回することもあるのです。『県下一斉検問』でも、交通部の本部の課長(署長と同等)が、現場を巡回するのです。このため、各警察署の交通課長も現場で指揮を取り実施されるため、しっかりと実施されます。

巡回前と後では、様相が一変!?
時間のある方は、実施現場を観察すると黒塗りの車両が来て、そこに『現場責任者』の腕章した人が近寄り言葉をかわした後、黒塗りの車が検問現場を後にします。

きっと、様子に変化があるはず!?
飲酒運転の事故は、重大事故につながる事が多く、罰則もかなり厳しくなっております。実際に飲酒運転によって、自殺や離婚や解雇等の現実を目の当たりしてきました。自分の人生を変えてしまう事になりますので、絶対に飲酒運転は、やめましょう!

ガルエージェンシー埼玉北

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー埼玉北(0120-446-007)

三〇年間警察官として勤務 1981年 警察学校入校 1982年 警察署配属 1994年 警察本部自動車警ら隊 1997年 巡査部長昇任、警察署配属主任として勤務 1997年 管区学校成績優秀表彰受賞 1999年 警察本部高速道路交通警察隊主任として勤務 2002年 警部補昇任、警察署配属係長として勤務 2004年 警察本部高速道路交通警察隊係長として勤務 2009年 警察署配属、統括係長として勤務 2010年 優秀警察職員表彰受賞 2011年退職 2012年総合探偵社ガルエージェンシー埼玉北代表 2013年メンタルヘルスカウンセラー資格取得 2014年メンタルヘルス心理士試験合格

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。