生後16日目の乳児がごみ箱に押し込まれ死亡、鈴木好美容疑者と妻を逮捕!現場を直撃!

top
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生後16日の長女をゴミ箱に押し込み、死亡させたとして、山形県米沢署は、山形市米沢市の無職・鈴木好美容疑者(23歳)とその妻(17歳)を29日逮捕した。

事件が起きたのは、平成27年5月7日の夜。
米沢市李山(スモモ)坂下の好美容疑者の実家である。当時実家には、容疑者の両親・祖母・容疑者夫婦・年の離れた妹が住んでいた。夫婦はゲームがしたくて乳児をゴミ箱(直径20cm、高さ20cm)に押し込み、別のゴミ箱をその上に被せて押し込み、窒息死させた。

容疑者の実家である李山は、米沢市中心部から約20分ほど南下した、日中は年寄だけの集落である。
IMG_3844IMG_3846
近隣に聞き込みをしたところ、以下の情報が判明している。

好美容疑者は、山形市内の日大山形高校へ進学した。柔道がしたくて高校へ入学した様子だが、高校は中退している。その後東京へ行ったとの情報があるが、不明である。いつのまにか、実家で生活をするようになった。本人は無職で、祖母の年金・両親の収入で生活をしていた様子である。

好美容疑者の妻(17歳)は、山形県外の女性との情報が多い。高校には進学していなく、出産に関しても近隣の人は知らない。好美容疑者は、大きくも無く、一見したところおとなしい性格では無いか?との情報が複数である。

好美容疑者の祖父(農家)は、昨年の春ごろに亡くなり、両親は共で働いている。父親は、以前は会社員であったが、現在はガードマンをして生計をたてている状況である。

この世に生まれて、わずか16日で亡くなった美蒼(みそら)ちゃん、が可哀そうである。好美容疑者ら夫婦は、事件後、米沢市内にある母親の実家で一緒に生活をしていた。
IMG_3850
今回の逮捕は、その家(母親の実家)でおこなわれた。
なぜ7人家族の大所帯で乳児がゲーム優先で死亡しなくてはいけなかったのか?また、容疑者の年の離れた妹が可哀そうだ、と聞き込みで誰もが共通のことを話していた。

ガルエージェンシー仙台青葉

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー仙台青葉(0120-531-007)

ガルエージェンシー仙台青葉・山形・郡山の3拠点の所長を兼任しています。 また、東北北海道ブロック長も拝命しております。 <有している資格> 個人情報保護士・企業情報保護士・情報セキュリティ管理士・メンタルケアカウンセラー・消防設備士(甲4)・防犯設備士・第3級第4級アマチュア無線技師・第二種電気工事士・第3級ウェブデザイン技能士・現在放送大学の大学生 探偵歴16年 調査案件1950件 藤田弁護士・伊藤弁護士・佐藤弁護士・司法書士・行政書士との関係も深い 「全ては、依頼者のために!」もモットーに、部下6名と全力で調査しています。 平成24年「10年間ノークレーム賞」受賞

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。