えっ、、まさかこんなに太いモノが。。。入ってきちゃうんですか??

futoi!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我々探偵が調査に必要なものの一つ、それが車両。
豊かな我が国日本においてはターゲットの仕事も趣味も多種多様。二輪・四輪の別はもちろんだがターゲットによってその選択も多岐にわたる。

2輪通勤・車通勤・休日の車移動・タクシー利用・趣味のバイク等ターゲットの行動は千差万別。ビッグスクーター型やネイキッド型、ツーリングや趣味として出かける場合はもちろん、それに見合った車種を使用。渋滞の激しい地域にも二輪が活躍する。逆に地方の田園風景にスーパースポーツのリッターバイクは目立って仕方がない。TPOに合わせて商業用バイク、小型、大型、ツーリング仕様、オフロード仕様等各種を使い分けるのだ。四輪に関しても対象の行動範囲、地域や状況に合わせて軽、ファミリーカー、セダンから四駆、スポーツカーまで使い分ける。


今回は東京の住宅街。対象はスポーツカーや大型乗用車を所持し、高速道路もよく使う行動派。食事をしに近隣県にある100km先のレストランへ、というのが日常茶飯事のフットワークが軽いアクティブガイでもある。

この対象には軽自動車やファミリーカーでは多少の無理がある。それにこの対象の立ち寄り先は高級な施設も多く、それらに溶け込むためには多少大きめの車に乗っていくほうがよさそうだ。ということでこの日は大排気量のスポーツセダンをチョイス。

 

順調に事は進んでいた。全てが順調であり、すべての出来事が完璧に調和し、目に入るものの全てがあるべきところに収まっているように思えた。何から何までがパーフェクトだった。
しかし完全なる調和の崩壊は突然に訪れる。いつだってそうなのだ。

追い越し車線に出るために加速をしてすぐに車両のワーニングシステムが緊急事態を告げる。アラームが鳴り、メッセージが異常を告げる。リアタイヤの空気圧低下だ。俗に言う、パンクだ。

しかし、こういう時のためにランフラットタイヤという便利なものがあるのだ。もちろんこの車両もその代物を装着している。普段の乗り心地を若干犠牲にする代わりにパンクをしても、空気が抜けても100km程度は修理や交換無しで走り続けられるのだ。

無事調査を終えて憎き釘を探そうとタイヤを確認してびっくり!

太いモノが奥まで 普通こんなに太いの刺さる?

完璧なスピードとタイミングが融合した前戯が前輪でボルトの起き上がる角度をパーフェクトに作り出し、絶妙な挿入圧で奥まで一気に押し込まれてしまったのだ。ここまで完璧だとさすがになすがままだ。

余程の運の悪さでないと先端が真っ平らな尖ってもないこの太さのボルトは刺さらない。ディーラーでもこんなの初めてと驚かれ、タイヤ入荷するまでと応急処置をしてくれたが、通常のパンク修理用の詰め物を2本使ったとのことで不要不急の運転は控えるようにとのこと。

IMG_5434 応急処置後

IMG_5254 タイヤの内側

ちなみにランフラットタイヤは基本的にパンクしたらタイヤごと交換。しかもタイヤ自体流通量が少ないうえに専用の施設がある工場でないとタイヤ交換自体できないのでガソリンスタンドやカー用品量販店等で気軽に購入・交換不可というデメリットがある。画像でもわかるようにやっと新品を示すラインが消えたか消えないかのまだ新しいタイヤ。勘弁してほしいものだ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー東京西部(0120-78-4143)

M大付属中ラグビー部→少年自衛官→様々な職を経験後会社設立→新宿歌舞伎町の飲食店経営やタイ王国での会社経営等を経て、26歳で探偵に。様々な経験と豊富な世界中のコネクションを生かし、国内はもとより国境を越える依頼も数多くこなす国際派探偵。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。