不祥事?!奈良県警橿原署の警察官が盗撮!被害にあったのは出張サービスの風俗嬢

橿原署2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良県警橿原署の警察官が風俗嬢を盗撮した事件で書類送検される。
書類送検されるのは、奈良県警橿原署生活安全課の20代男性巡査長。被害にあった相手は20歳代の出張サービスの風俗嬢、いわゆるホテヘル嬢である。

20代男性巡査長は、11月上旬に風俗嬢をラブホテルで呼び、風俗サービスを受けていた。その際にバックに仕掛けたビデオカメラで、ホテヘル嬢を盗撮していた。風俗嬢が不審に思い、通報し事件が発覚。カメラのデータには他の女性数人の盗撮記録も残されていた模様である。

今回の事態を受けて、県警は20代男性巡査長を懲戒処分…にするはず…だったが、処分前に20代男性巡査長は依願退職するそうだ。

盗撮に使用される偽装カメラや、カメラを仕掛けるバックは、多彩である。

盗撮グッズ

素人でも簡単に盗撮が可能な時代になっている。

この警察官の動機は、なんだったのか?
最近警察官の不祥事が横行しているが、その事件内容が、殺人、集団強姦、覚せい剤など悪質化をたどっている。さらにこのような破廉恥は犯罪に手を染める、それも若い警察官が!これは警察学校の教育に問題があるのではないだろうか?

昔のように厳しい教育や訓練は行われておらず、過保護に育てられたことに問題があるのでは?警察組織の改善は、まず警察学校からということも言えるのではないだろうか?この様な不祥事は、まだまだ続くだろう。

ガルエージェンシー奈良橿原

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー奈良橿原(0120-783-056)

刑事警察において組織犯罪や特殊知能犯罪を担当し、1999年にガル奈良橿原、2013年に新ガル奈良中央を開設。これまでに刑事、民事事件を多数解決する。卓越した調査力、誠実で丁寧な相談が好評を得ている。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。