マンションの置き鍵を使って空き巣を繰り返した男が逮捕、競馬やパチンコに使った

競馬
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都豊島区のマンションでポストに入っていたいわゆる置き鍵を取り出し、空き巣を繰り返していた男が住居侵入と窃盗の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは住所不定で無職の稲積英司容疑者、41歳。

犯行手順は、一人暮らしの可能性が高いワンルームマンションを狙い、集合ポストに置き鍵をしている部屋を物色、鍵を見つけると園芸用の支柱を使って手前に引き寄せ、最終的にはポストの中に手を突っ込み、鍵を取り出していました。

ポストの中の置き鍵

同容疑者は体重40キロ台の細身体型だったようで、腕が細い容疑者だから思いついた犯行かもしれません。

園芸用の支柱と言えば下の写真のような朝顔を育てる際に使用したことを思い出しますが、まさかこのような犯罪で使われてしまうとは…

園芸用の支柱

ポストから鍵を取り出した後はインターホンで留守を確認した上で玄関から堂々と侵入し、窃盗を行っていたとのこと。容疑に関しては「他にも30から40件やった」「生活費やパチンコ、競馬に使った」と供述しているようです。

都内では9月から同様の被害が100件ほど発生しているようで(被害総額は約1,000万円)、警視庁は同容疑者が関与しているとみて調べを進めています。

それにしてもポストの中に置き鍵をしている家が100件もあるとは驚きです。しかも犯罪や事件が多い東京都内です。恋人の為なのか、友人の為のなのか、なぜ鍵をポストに入れておいたのかは不明ですが、不用心であることは間違いありません。

今時このような不用心の人が多いということに驚いてしまいますが、もしも同じように置き鍵をすることが当たり前になっている場合には、早急に改めた方が良いでしょう。

ガルエージェンシー東京上野

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー東京上野(0120-258-017)

東京都台東区に事務所を構えるガルエージェンシー東京上野。浮気調査や不倫調査、結婚調査など夫婦間や男女間のトラブルを抱える方々の悩みを解決する為、相手に言い逃れをさせない決定的な証拠を集める探偵事務所です。離婚や慰謝料請求をしたい方々からの依頼が多い探偵事務所です。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。