酒気帯び運転の疑いで奈良県田原本町長を逮捕!基準値を大幅に超えるアルコール

寺田町長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月5日、奈良県田原本町の町長である寺田典弘容疑者(55歳)が道路交通法違反(酒気帯び運転)の容疑で現行犯逮捕された。

警察の取り調べに対して「昼間から自宅で缶酎ハイ1本と焼酎のお湯割りをコップ一杯飲んだ」と供述している。寺田容疑者は、国道上で縁石に乗り上げる単独事故を起こし、現場の警察官が容疑者の口調などから飲酒運転の疑いがあると判断して検査をしたところ、基準値を大幅に超える数値が検知されたという。

缶酎ハイと焼酎一杯では、到底このような数値は出ない・・・供述に嘘があったのではないだろうか?また寺田容疑者は、持病があり、そのため睡眠導入剤を処方されていて、その薬も服用していたとも言われている模様である。

寺田容疑者は、橿原市内で開かれる同窓会出席のため車で外出し、6時半ごろ、同市内の公共施設前の歩道に突っ込み、施設の入り口にぶつかる事故を起こした。 幸いなことに、このとき歩道上に歩行者はなく一大事は回避された。しかし、もし歩道をあるく人があったら大惨事になっていただろう!

寺田容疑者は、平成18年に田原本町長に初当選、現在三期目で、町長としての任期は平成30年まである。県内屈指の道路建設の会社の三代目でもあり、その会社は、県内の道路工事を多数請け負っている。

DSC00372DSC00376

逮捕後すぐに警察の捜索、つまりガサ入れが入った!その中には捜査二課の刑事の姿があったとか・・・。

警察は、寺田容疑者の自宅をガサ入れして宝物探しをしたのだろうか!?飲酒運転の単独事故で負傷者もいないのにガサ入れ!!町長ならではなのだろう!

読売

しかし、問題は町長の今後である。
田原本町の一般職員が飲酒運転で逮捕されたら、懲戒免職になることだろう。町長は行政のトップであり、その人物が逮捕までされているのだから辞職しかないと思われるが、きっと給与の返還位で済ませるのではないかとの見方が大半を占めている。

これってどうなのだろうか?先ほど40時間ぶりに釈放された町長、二泊三日の間、警察の留置場で過ごして、どのように考えたのか取材を敢行する!

 

【田原本町役場 町長のプロフィール】

氏名
寺田典弘(てらだ のりひろ)

生年月日
昭和35年11月25日

任期
平成26年12月4日~平成30年12月3日

学歴
昭和59年3月法政大学工学部卒業

公職歴
平成18年12月田原本町長就任
平成22年12月田原本町長就任
平成26年12月田原本町長就任

趣味
スキー、ゴルフ、読書

好きな言葉
臥薪嘗胆

寺田1

ガルエージェンシー奈良橿原

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー奈良橿原(0120-783-056)

刑事警察において組織犯罪や特殊知能犯罪を担当し、1999年にガル奈良橿原、2013年に新ガル奈良中央を開設。これまでに刑事、民事事件を多数解決する。卓越した調査力、誠実で丁寧な相談が好評を得ている。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。