続報・すき家で箸の束をくわえる不衛生行為、新たな被害や変態動画が発覚

top1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

すき家の卓上に置かれたメニューや店員呼び出し用のブザーを舐め回し、箸の束を口にくわえた後に箸入れに戻すなど、不衛生行為に及ぶ人物を撮影した動画に非難が続出したことを、先日の記事で扱った。当サイトでは、動画に映っている人物や撮影者らの素性を特定し、彼らが問題行為の常習者であることも突き止めた。

本件に関して新たな動きがあったので、続報を配信する。すき家を経営する株式会社ゼンショーホールディングスは、同社HPに今回の件についての情報を掲載した。動画の撮影が行われた店舗は特定済みであり、メニュー、呼び出しブザー、箸も既に洗浄したという。また、本件を警察に通報した上で、相談しているとのことだ。

動画の撮影に関わった人物たちの周辺にも、物議を醸す行為を繰り返している仲間たちが存在していたことは、前回の記事でも扱った。その中の一人も2015年11月に、箸の束を口に当てて、その様子を撮影した画像をTwitterに公開していた。画像に写っている丼の模様から、すき家で撮影したものであることが判明した。

 

01

 

ちなみに、問題の画像があるツイートは既に削除済みである。この画像を公開した男性は、すき家を定期的に利用していたようだ。7月には、すき家に友人と入店したが、「金欠なおれは お冷、ピッチャー空けた」などと自慢。男性は何も注文しなかったようで、代わりに卓上のピッチャーの水を飲み干したというのだ。

 

02

 

男性のツイート内容の中には、室内や健康ランドなどで本人や友人たちが下半身を露出した画像が多数あり、その中には性器が写っているものもあった。また、水着姿の男性二人が屋外で互いの性器を接触させて、そのぶつかる音を収録するという変態趣味の動画も公開していた。

 

03

 

04

 

男性は、路上や電車内での盗撮行為も繰り返していた。その他、走行中の車の窓から体を乗り出して絶叫するという、危険行為を自慢する動画なども見つかった。これまでに掲載した画像の中には、男性の漢字表記の氏名や住所が書かれた郵便物や領収書等の画像が複数あり、容易に素性を特定できた。

 

05

 

12月14日、当サイトではゼンショーホールディングスに再度連絡を取った。男性が箸の束を口に当てた画像は、同社でも確認できているという。だが、ピッチャーの水を飲み干したという件は把握していなかった様子なので、関連情報を提供した。これから改めて詳細を確認するとのことである。

 

 

その他の証拠画像

 

06

 

07

 

08

 

09

 

10

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

高橋

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。