中国人の爆買はいつまで続く?豪華客船に乗って福岡に入国する中国観光客

豪華客船
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月のとある日の早朝、場所は福岡市東区に所在する箱崎埠頭。
普段、夜間や早朝は釣り人が多く静かな所なのですが、一か所だけ煌びやかな建物らしきものが見えたので近寄ってみると、それは「QUATUM OF THE SEAS」という巨大な豪華客船でした。

00493.mts.Still002

フィットネスジムなど、長旅にも退屈しないような豪華な設備が、外から見ても判ります。

00493.mts.Still009

横から見ると、超巨大なリゾートマンションといった感じ。
300mほど離れて撮影してもファインダーに収まらない大きさ。

00493.mts.Still008

そこに集まってきたのが、観光バスの行列。
どこからこんな台数のバスが集まってくるのでしょうか。ナンバープレートを見ると福岡ナンバー以外が多く、他県からも借り出されている様子。

00493.mts.Still013 00493.mts.Still012

人だかりがあるので近寄ってみると、全部中国人ツアーガイド。

00493.mts.Still017 00493.mts.Still020

とても騒がしそう。
何があったのか警察も出動。

00493.mts.Still014 00493.mts.Still015

すぐに帰ったので大した事では無かった様子。


福岡市内にはメインとなる国際埠頭があるのに、何故この不便な埠頭に?と思ったが、他の国際客船も入港しているので、分散して受け入れているようです。

一部の観光バスを追跡してみました。

00493.mts.Still023

ここは福岡市博多区に所在する「福岡博多免税店」。
以前はドラッグストアだったのを免税店に改装したて店舗。

00493.mts.Still021

この時は早朝という事もあり、観光バスは少数。街中が混雑しないように分散して免税店を廻っているようですが、近所の人に尋ねてみると、通常10台近くの観光バスが路上駐車しているのだそうです。

後に調べてみると、この「QUANTUM OF THE SEAS」程度の豪華客船が2日から3日に1便、毎月10便から15便ほど福岡に入港していました。この船の定員が4900人、平均で3000人と考えても、毎月30000~45000人の中国人が入国し買い物に訪れているている計算となります。他にも、定員2000人クラスの客船も多数入港しており、それを含めると月間何万人の中国人が訪れているのでしょうか?

「アジアの玄関口」と言われている福岡。
確かに、韓国などには高速船で3時間足らずで行けて、料金も格安ですがあまり実感がありませんでした。しかし、この状況を垣間見て初めて「アジアの玄関口」を実感しました。

この中国人の爆買はいつまで続くのでしょうか。
「中国人」観光客という問いに対して挙がってくるのが、観光バスの違法駐車による交通渋滞と、中国人のマナーが非常に悪い事。中国人観光客相手にビジネスしている人以外にしてみると迷惑千万。中国人が居る所に日本人や他の国の人が近寄り難いのも事実なのかもしれません。

ガルエージェンシー福岡第一

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー福岡第一(0120-509-512)

福岡市の中心部、中央区大名に事務所を構え、九州では一番の歴史と実績を誇る支社。機動力と調査力を駆使し、徹底調査で真実を究明、九州全域での調査対応が可能。また、弁護士や行政書士と連携して、離婚問題に関しても幅広くサポートする

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。