愛知県警の警察署内に盗聴器が!犯人像と目的を探偵が大胆予測!?

top
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県警北署の庁舎内に盗聴器が仕掛けられていた問題。なぜ警察署内に? 誰が? 何のために? って、まず考えてしまいますよね。

我々探偵会社には、盗聴器発見の依頼があります。

一般家庭や企業などから、「盗聴されているのでは?」という不安の解消や情報漏れ対策などの理由により、盗聴器発見調査を請け負います。

01

そもそも、盗聴器とはどんなものなのでしょうか?

無線式の盗聴器の仕組みとは、音声電波を発信する機器(発信機)と音声電波を受信する受信機が対となります。なので、電波発信機を設置しただけでは、盗聴の目的は達せられず、誰かが受信機で傍受する作業が必要です。

設置環境や機器性能にもよりますが、盗聴電波は半径数百メートルの範囲に及ぶため、その範囲に自動録音機などを設置すれば、無人でも音声を記録することができます。

02

今回発見された電源タップ型の発信機は、電源部分に差し込んで使用するため、電池で稼働する発信機と違って、機器に不具合が生じない限り、半永久的に盗聴電波を発信し続けることになります。

そして、電源タップ型の発信機は一般家庭で使用するものと見た目に変わりありません。なぜかといえば、市販品を内部改造しているからです。

近年、身近にあるさまざまな電化製品に盗聴装置を組み込んだものが出回っています。電源タップ型はあまりにもオーソドックスであるが故、警察署内でも不審に思われなかったのかもしれません。

逆に、電話盗聴などが目的であっても、その機器設置には不審な行動や手間を伴うため、簡単に設置できる機器が使用された可能性もあります。

実際の盗聴発見調査の現場では、オーソドックスな盗聴器が発見されることは少なくなりました。盗聴電波は、受信機さえあれば誰でも簡単に傍受されてしまうため、発覚する可能性が極めて高くなります。

最近の傾向は、浮気を疑うパートナーがICレコーダーなどを購入し、室内や車に設置するなどして浮気の確信を得てから、我々探偵に相談に訪れるケースが多くあります。

ICレコーダーであれば、第3者に聞かれることなく、設置場所さえ選べば発覚の危険も少なくなります。

今回、警察署内に誰が? という疑問は…

報道にもあるように、簡単に出入り可能な環境でないことを考えれば、内部犯行もしくは内部に協力者という説が一番に挙げられます。また、何のために? となると…

1.外部もしくは内部からの情報収集のため。
2.腹いせなどによるいたずら、嫌がらせのため。

が、主な目的となるでしょう。

そして、もう一つ考えられるのは、そもそも盗聴目的ではなかった!?

盗聴器と知らずに電源タップが使われたということです。どうやって紛れたかは分かりませんが、何らかの不手際で知らずに盗聴装置の仕込まれた電源タップが備品として使用された可能性も考えられます。

いずれにしても、市民を不安から守るはずの警察署内で発覚した問題。今後の危機管理も徹底して頂きたいと願うばかりです。

ガルエージェンシー仙台第一

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー仙台第一(0120-007-085)

1996年にガルエージェンシー仙台第一を開設。東北・北海道ブロックで最も歴史のある拠点としてけん引役を務めてきた。元カーレーサー。探偵業の傍らミュージシャンとしてライブ活動も行っている。現場第一主義で常に満足度の高い調査を目指し、日夜奮闘する。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。