「生まれ変わったら道路になりたい」…「側溝男」リターンズ!!次なる標的は!?

nozoki201502
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性のスカートの中をのぞくため、側溝に何時間も潜み続けた「あの男」が、ネット上でも「側溝男」として話題になった「あの男」が、ついに帰って来る!

探偵の記憶によると、「あの男」の所業は再犯どころか再再犯、いやいやかなりの常習性を持っている。1度目は小銭を落として探していたと言い訳し、2度目は逮捕されて厳重注意、そして今回の逮捕。

逮捕容疑は兵庫県迷惑防止条例違反、ということは6か月以下の懲役または50万円以下の罰金。今度こそは懲役かとおもいきや、略式起訴の罰金50万円で野に放たれた。

2度目の時には探偵も同じ側溝に侵入し(取材です…念のため)、強烈な臭いと汚さに辟易したものだ。

nozoki7nozoki8
2年前の取材時の画像。筆者コメント「実際に入って見たけど臭かった~!」

「生まれ変わったら道路になりたい」
「長所はどこでも寝られること、短所はすぐに側溝に入ってしまうこと」
「年間80回も側溝に潜んでいた」

などの数々の名言を残し、「あの男」は塀の中へ去って行くものと思っていたのだが…。今後も取材を続ける探偵とは長い付き合いになるかと思うと、呆れるのを通り越して笑うしかない。

今回と前回の事件発生場所を精査検討し、推理していくと、おのずと次のターゲットが見えてくる(人の流れと女子大生のレベルとあとアレとソレをたしていくと…)。次こそは探偵が見つけられるかもしれない。

nozoki201501nozoki201502
今回の現場。筆者コメント「前回に比べて狭すぎ!大人の男が入れる?」

…などと言っているこの瞬間にも、「あの男」はどこかの側溝に潜み、趣味を満喫しているのだろうか?

ガルエージェンシー芦屋

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー芦屋(0120-394-007)

街に根ざした身近な相談相手として、日夜芦屋の街と人を見続けて早10年。「結果の出る調査」と「本当に役立つ報告書」をモットーとしている。その親身な相談と対応から、リピーターや依頼者様の紹介案件が多い支社である。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。