猫カフェはもう古い?外国人観光客から大絶賛される最上級の癒し●●カフェに潜入

ふくろうカフェBaron
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬を連れて立ち寄れるドッグカフェ、ふわふわの可愛い子猫と触れ合える猫カフェ。最近はこういった動物系のカフェって人気ですよね。
でも、結構高い入場料をとったり、「カフェ」とは名ばかりのインスタントを思わせるコーヒーや香りの無い紅茶にがっかりした経験はありませんか?
いくら動物が主役だとはいえ、1杯500円以上の値段を取るならそれなりの「味」も保障してもらいたいものです。

東京の高円寺にあるフクロウカフェ「Cafe Baron」を知っていますか?
ここはもふもふしたフクロウがいるだけじゃなく、自家製カレーやクッキーなどの軽食もありコーヒー、紅茶も美味しくいれてくれます。しかも入場料もありません。
餌付けや腕や肩に乗せてお金を取る利益優先のフクロウカフェがある中で、フクロウのストレスをここまで考慮したお店は東京でもCafe Baronだけかもしれません。

入口の扉を開けると見てください!ガン見状態です。
IMG_2056
愛らしい5匹のフクロウがお出迎えしてくれます。

Cafe Baronではフクロウに触れる事が出来ませんが、じんわりあっちから寄ってくることはあります。コーヒーを飲んでいると…
IMG_2068


キタ、

 

キタ、キタ…



キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!

IMG_2066

ちょっと怖い…

丸い顔の模様がバームクーヘンみたい!!でも何か可愛い。
怖くて可愛い「コワカワ」なカラフトフクロウのジョンとチャックがばふばふ飛んできます。ちなみに左後方のシュッとしたメンフクロウは店名にもなっているバロン君です。

お昼になると店内は満席に。驚く事にこの日は7割が外国人!金髪のヨーロピアンはフクロウのデッサンをしたり、ニューヨークから着た長身の男性2人組は一眼レフで楽しそうにフクロウを撮っていた。駅からも離れているのに、良く知っているなぁと感心。話を聞くと
「ネットで検索して知りました。猫カフェは行ったのでこっちに来てみたかった。とても気に入った。」と言っていた。

店長も英語がペラペラなので、注意事項やフクロウの説明をしていた。外国人観光客に人気なのも頷ける。「コワカワ」なカラフトフクロウは1日に冷凍ねずみを6~8匹食べるそうだ。
素人が飼うのは餌のハードルも高そう。鋭い口ばしでねずみを上下に引き裂いて食べるらしい。やっぱり怖ーい!!
IMG_2079

でも癖になる可愛いさ!!

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班

ガルエージェンシー本部直属の特別捜査班。 事件との対峙を主な任務とし、選ばれた精鋭が集う。 海を超える情報網とその捜査力は圧巻の一言。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。