警察官犯罪!2015“全国で123件 凶悪・猥褻事件横行!

アイキャッチ画像1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

警察官犯罪!2015“全国で123件 凶悪・猥褻事件横行!

当社調べで2015年に発生した警察官による犯罪は、123件を数えた。
発生を見たのは37都道府県であり、不祥事のなかったのは、岩手県、山形県、長野県、福井県、鳥取県、香川県、佐賀県、大分県の8県であった。   

≪警察官による犯罪≫  hannzaikennsuu1 ベスト5

犯罪一覧表

県別の発生件数を見ると、大阪府警・警視庁(東京)・兵庫県警・京都府警がワースト上位を占めている。これを北海道が追いかけている。
なぜか、関西地区だけで、全体の3割を占めている。
関西の警察に不祥事が多発するのは何故だろうか?

イメージ画像

昨年最悪の事件は、大阪府警の警察官による不倫殺人事件であろう。常軌を逸した短絡的な犯行に、「一体どうなっているのか?」と言わざるを得ない。警察官であれば、殺人事件が発覚せず犯人が捕まらない可能性が極めて低いことなど百も承知のはずなのに。

発生件数で、目立ったのが強姦・強制わいせつ・児童ポルノ・痴漢・盗撮などの女性を狙った猥褻犯罪である。全体の約30パーセントを占めている。一体、警察官の倫理感は、どうなっているのであろうか?欲望を抑えられない人間が、犯罪を取り締まることが出来るのだろうか?

相変わらず減らないのが、警察官による飲酒運転・飲酒事故・ひき逃げ事件である。酒を飲んで車を運転してはならないことは子供でも知っている。しかし、警察官の中に法令順守の意識の低い人間が多すぎる。

警察では、新年を迎えて「年頭視閲式」を行っている。警察のトップが、警察官の士気向上のために毎年行っている新年の行事である。

今年も警察官の犯罪は減ることはないのか?何より重要なのは、警察学校での教育に尽きるのではないだろうか?もっと厳しく精神も身体も強化することが求められるのではないだろうか!今のような甘やかした環境での教育では、優秀な警察官は生まれないだろう!

ガルエージェンシー奈良橿原

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー奈良橿原(0120-783-056)

刑事警察において組織犯罪や特殊知能犯罪を担当し、1999年にガル奈良橿原、2013年に新ガル奈良中央を開設。これまでに刑事、民事事件を多数解決する。卓越した調査力、誠実で丁寧な相談が好評を得ている。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。